刀剣巡礼覚書

日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて聖地巡礼をしつつ全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。

タグ:茨城県

 土浦市立博物館は、刀剣をたくさん所蔵していると5月頃に知り、ずっと行きたかった場所です。毎年この時期に国宝・重要文化財の刀を展示しているとのことなので、行ってきました。

《行った場所》
○土浦市立博物館
 土浦には初めて行きましたが、近いとも遠いとも言えない微妙な距離です。刀剣の展示は毎月変わるらしいですが、そう何度も訪れられる距離ではなさそうなので残念です。ただ、入館料が大人でも105円と今まで行った場所の中でも無料の場所を除けば一番安いです。近くに住んでいたら絶対毎月行っていることでしょう。土浦の人がうらやましくなります。
 その他の展示については、季節ごとに入れ替えているようなので、土浦市の歴史を一度に学べるというわけではないのですが、入館料のわりには、展示数が多く見応えがあります。建物自体あまり広くはないので、小分けにして何度も訪れてもらうような作りになっているのでしょうね。
 資料が置いてある本棚には、刀剣をたくさん所蔵しているだけあって、一般書籍の刀剣の本も置いてあります。別冊 宝島のようなムック本まで置いてあるのは、博物館にしてはめずらしいと思います。おそらく写真の提供をしたためでしょう。この本棚に置いてあった、土屋家の刀剣の図録が、現在は売り切れで販売しておらず、買えなかったのが残念です。今回見た刀も、目録がなかったのでぜひ図録が欲しいと思いました。

主な刀剣
○短刀 銘 筑州住行弘 観應元年八月日 国宝
○太刀 銘 信房作 重要文化財
○太刀 銘 守家造 重要文化財
○太刀 銘 恒次 重要文化財
○短刀 銘 国光 重要文化財
○刀 無銘 来国光 重要美術品
○短刀 銘 来国俊
○刀 銘 (表)金象嵌銘 影法師
     (裏)銀象嵌銘 右衛門尉持之

○亀城公園
 土浦城は亀城と呼ばれているそうです。跡地が公園になっていますが、あまり広さはないです。本丸があった場所が広場になっていて、前日にお祭りか何かあったようで、片付けをしているところでした。門がところどころ残っていたり、隣にある学校の門に名残があって良かったです。城の隣に学校があるところは多いですが、どこも塀が凝っていておもしろいですね。景観を大事にするためでしょうが、そんな学校に通えるのはとてもうらやましいです。


《感想》
 刀剣の展示は数も多く解説も詳しくとてもよかったです。特に造りについての解説が充実しています。展示の仕方が良いのか刀が本当にとてもきれいに見えました。土浦市立博物館が所蔵している土屋家の刀剣一覧のパネルがありましたが、一覧にされるとその多さがわかります。他の刀剣も見たいと思いました。ちなみに今回見た文化財指定の刀剣については、土浦市の公式ホームページで、拵の写真つきで紹介されています。


《今回の一振》
 今回は影法師の銘が入った刀です。作者については、昭和の本阿弥が相州行光と鑑定したそうですが、今は末左でないかと考えられているそうです。刀の鑑定については、難しすぎてまだどこでどう極めることができるのか全然わかりません。作者不明の刀は展示されていることがあまりありませんが、やはり作者がわからないと、文化財指定もされずらいのでしょうか。この影法師については、解説パネルがありましたが、なんでも武田信玄の影武者が、影武者だとわかる目印のためにこんな銘を彫られているとのことでした。真偽のほどはわかりませんが、とてもおもしろい逸話がある刀だと思います。



 刀剣乱舞開始すぐから話題になっていたさむらい刀剣博物館に、やっと行くことができました。県はまたぎますが、結城市と近かったので一緒に行きました。

《行った場所》
○さむらい刀剣博物館
 今回も移動は電車です。栃木県真岡市にある久下田駅から歩いて茨城県を通りぬけ、真岡市のさむらい刀剣博物館へ行きます。久下田駅は無人駅なのでSuicaは使えませんでした。刀剣巡りを始めてから無人駅に行くことが増えましたがなかなか慣れません。
 博物館は個人経営でとてもアットホームです。今まで行った博物館とまったく雰囲気が違いました。展示もですが、刀剣に触れることとお話しがメインのようでした。展示されている刀は100以上あります。解説の書き方がバラバラなので、少しずつ展示が増えていったのかなと思いました。9時すぎに着き1時間ほど写真を撮り続けたあと、鑑賞解説会が始まり、その後は電車の時間がなかったこともありますが、13時ごろまでのんびりと滞在しました。また、帰りは駅まで車で送っていただきました。いろいろと驚かされます。
主な刀剣
・太刀 無銘 伝西蓮 特別貴重刀剣
・太刀 銘 豊後国行平 重要刀剣
・太刀 銘 備前国包平
・刀 無銘 伝村正
・脇差 朱銘 貞宗
・脇差 無銘 伝高木貞宗
・脇差 備前国長船住祐定作 同清光 同忠光 天正十三年八月日
・脇差 銘 左 八月吉日
・脇差 銘 兼元
・脇差 銘 平安城長吉
・太刀 無銘 貞綱
・刀 銘 宇多国久
・長巻直し 無銘 伝尻懸
・太刀 銘 力王        他多数

触らせていただいた刀剣
・脇差 無銘 伝青江 特別保存刀剣
・脇差 銘 粟田口近江守忠綱 保存刀剣
・刀 無銘 末左 保存刀剣
・刀 無銘 千代鶴 保存刀剣
・脇差 銘 大和守安定 金象嵌銘 寛文元年十月二日 山野加右衛門永久(花押)貳ツ胴裁断
・脇差 銘 清光


○結城蔵美館
  御手杵で話題になった茨城県結城市へいきました。駅前はきれいに整備されていて観光地という雰囲気がありました。蔵美館は本当に蔵を改装した造りでおもしろかったです。中はとてもきれいで芸術品だけでなく歴史資料も置いてあります。御手杵のレプリカは蔵の2階にありますが、御手杵だけを展示していて専用の部屋という感じでした。

○つむぎの館
 蔵美館の方に教えていただきすぐ近くにある結城紬の展示を見に行きました。係のお姉さんが丁寧に解説をしてくれました。着物は買う予定がないので勉強で話を聞くだけですが、特に気にせず教えていただけます。結城紬という名前自体を知らなかったので、この機会に知ることができてよかったです。


《感想》
 さむらい刀剣博物館は、常連の方が多いようで、みなさん、館の方と気さくに話をされていました。行った日は比較的来館者が多かったようですが、じっくり刀を手にとって鑑賞できてとても勉強になりました。ぜひまた行きたいと思います。展示の仕方は少し見づらいものもありましたが、とても広い部屋の中に本当にたくさんの刀剣、刀装具、甲冑が並べてあり良かったです。
 結城市は残念ながら時間がなくなりあまり見ることができませんでしたが、とにかく蔵がたくさんあり、日本家屋や蔵が好きなので見ていて楽しかったです。


《今回の一振》
貞宗作の脇差です。朱銘ということでしたが、残念ながら銘は見られませんでした。貞宗は脇差や短刀でも樋がはいっている作品が多い気がします。
DSCF2748
DSCF2749
DSCF2751







 徳川ミュージアムに行き、そのついでにいろいろな場所を回ってきました。2回徳川ミュージアムに行きましたが、まとめて書いていきます。

《行った場所》
○徳川ミュージアム
 1回目は武庫刀纂を見に行き、燭台切展示が始まってから2回目に行きました。
主な刀剣
  ・刀 無銘 光忠(燭台切光忠)焼刀
  ・太刀 銘 包永(児手柏包永)焼刀
  ・脇指 銘 国光 焼刀

○好文亭・偕楽園
 偕楽園はすごく広大な敷地でびっくりしました。天気がよかったので、徳川ミュージアムから好文亭まで歩きましたが、とても景色が良かったです。梅の実が落ち始めていたので、梅の香りがすごかったです。花が咲いている時期にも行ってみたいと思いました。

○常盤神社
主な刀剣
  ・太刀 銘 勝手(勝手丸

○弘道館
 水戸駅に戻ってから歩いて行きました。中に展示がたくさんあって見応えがありました。普通の民家やお城とは異なる造りだったので、楽しかったです。城の面影はありませんが、お濠だった場所が道路に変わったのがわかる道になっていました。また、近くの学校が史跡にもなっているため、周辺はとても趣のある外観でした。

○鹿島神宮
 水戸駅から電車で鹿島神宮まで行きました。電車で1本ですが、とてもローカルな電車でした。鹿島神宮は、朱印をもらえる祈祷殿だけとても近代的でおどろきました。最近建てられたばかりだそうです。そのかわり刀剣が展示されている宝物館は古く、空調もあまり効いていませんでした。
主な刀剣  
  ・直刀 金銅黒漆塗平文拵附刀唐櫃 国宝
  ・太刀 銘 景安 茨城県指定文化財  
  ・太刀 (金象嵌銘) 国俊  
  ・刀 無銘 伝了戒
  ・刀 銘 備州長船則光 
  ・刀 銘 大和守安定               他多数


《感想》
 最初に燭台切光忠が公開されたミュージアムトークは、申込が間に合いませんでしたが、その後見ることができてよかったです。徳川ミュージアムの展開には驚かされますが、震災からの復興などの展示をみて、ぜひ今後もがんばっていただきたいと思いました。博物館に行くと、その地域のことをよく知ることができ、その町のために少しでもお金を落としていきたいと毎回思います。
 鹿島には初めて行きましたが、電車で行くところではないと感じました。帰りは東京駅までの高速バスに乗りました。とても快適でよかったのですが、本数があるのに利用者がほとんどおらず、大丈夫なのか心配になりました。最近都心だけでなく地方まで行くことが増え、電車が少ない地域は高速バスが意外と便利だと学びました。  


     

↑このページのトップヘ