刀剣巡礼覚書

日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて聖地巡礼をしつつ全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。

タグ:東京都

 今日から歌仙兼定をはじめ刀剣の展示が始まった永青文庫に行ってきました。展示替えが年数回しかないので、いつ展示されるのかあまり期待はしていなかったのですが、こんなに早く特集展示をしてくれると思いませんでした。今回のための図録も大満足なもので、すばらしい展示でした。

《行った場所》
○永青文庫
 今回初めて訪れました。目白駅からバスに乗り、特に迷うことなく到着すると待機列が少しできていました。期間が長いこともあってそこまでの混雑はないかなと思い初日に行きましたが、雨にもかかわらず列は開館時間までにどんどんのびていました。
 受付で入館券と一緒に図録や季刊誌を買い、寄付をして刀剣シールもいただきました。一連の流れを行うので窓口は大変そうです。受付にこういった寄付の箱があるとお金を払ったついでに気軽にさっと寄付できるので良いと思いました。
 展示室は4階から順番に見ていきますが、とにかく内装がどこもおしゃれでアンティークな造りでした。展示ケースも博物館の見やすさ重視の明るい照明だけではなく、雰囲気重視な落ち着いた明るさの場所もありました。全体的に解説が多く、詳しくなくても楽しめるようになっていると思います。刀の展示は若干位置が高くなっています。そのためかどの刀剣も数字より長く大きく感じました。太刀も刀の展示方法をとりつつ、銘は全て見えるように展示されていました。肥後拵を中心とした拵もいろいろ展示してありましたが、全体的に落ち着いた色合いでわびさびを感じました。

主な刀剣
・刀 金象嵌銘 光忠 光徳(花押)生駒讃岐守所持(号 生駒光忠国宝
 ずっと見たかった光忠の刀です。昨年度の備前刀剣王国の図録を持っていたので、事前に見てから行ったのですが、実物は迫力もあり華やかさをとても感じました。意外と長く幅が広い印象をうけ、磨りあげてあるので元々はかなりの長さがあったのかなと思いました。

・太刀 銘 守家造 重要文化財
 蛙子丁字の刃文が腰元で特にわかりやすくはいっていました。銘が小さくきっちりと細い線で刻まれているのが印象的でした。富山の森記念秋水美術館にあったものもそうですが、今まで見た守家の刀は4口すべてが重要文化財に指定されていて、それだけすばらしい刀工なんだなというのがわかりました。

・刀 金象嵌銘 兼光磨上光徳(花押)
 前の2つと比べると刃文が少しわかりずらいのですが、片落ち互の目の典型的な造りだそうです。銘の花押の部分が少し消えているようでしたが、象嵌はどのぐらい維持できるものなのでしょうか。金を埋めるというのは改めて考えるとすごいことをしているなと感じました。

・太刀 銘 備州長船家助
 かなり変則的でバラエティにとんだ刃文です。見る場所によって印象が全然違うのでおもしろいなと思いました。

・脇指 銘 備州長船経家 永享九年二月日
 今までの刀が長く感じられるものばかりだったので、刀身が短めな印象をうけました。かなり変わった刃文をしていて、見ただけではなんという刃文なのかわかりませんでした。

・刀 銘 濃州関住兼定作(号 歌仙兼定
 切っ先にかけて細身になっていき、全体的にも細さを感じました。直刃がきれいで腰元だけ大きく変化しているのがよくわかります。また、刀身や茎の鎬が不思議と目につきました。刃文や造りがシンプルだからなのでしょうか。拵も思っていたよりシンプルな色合いで、解説に渋いとありまさにその通りだなと思いました。

・脇指 銘 信長
 当麻の刀工だということで初めて見ました。すごく細身の脇指で、刀をそのまま縮小したような印象です。細身なのに樋があり、かなり独特な形をしているなと感じました。

・刀 無銘 志津 金象嵌 海賊
 今までのものが備前のものが多く峰も小さめがほとんどで、それが護立氏の好みなのかなと思いましたが、こちらは大峰で他とは印象が違いました。大峰で幅広ですが短めなのでかなり磨りあげられてそうだなと思いました。今回手に入れた図録や冊子の中には、海賊の意味は書いてなかったのですが、どんな経緯で彫られたのでしょうか。

・太刀 銘 豊後国行平作 国宝
 古今伝授の太刀と言われて、こちらもとても見たかったものですが、かなり細身で驚きました。特に茎の細さがすごく印象的です。こちらだけ3階に展示されていて混雑もなくすみずみまでじっくり見ることができたのですが、展示してある場所の照明が暗く、刃文や銘などが若干見づらかったです。真横からも見られたのですが、厚さもかなり薄く、やはり写真からうける印象とはかなり変わるなと思いました。


《感想》
 今回の展示は号のついた3口以外何が展示されているのかわからなかったのですが、とても良い展示内容でした。刀剣以外にも、武具を記録した書物や蒔絵など良いものをたくさん見ることができました。御家名物之大概という本の歌仙兼定がのっているページには、大三原や相州秋廣の刀剣も紹介されていました。永青文庫にあとどれくらい刀剣が保管されているかわかりませんが、国宝の包丁正宗をはじめ他のものもいつか見られたらいいなと思います。
 入口に歌仙兼定が表紙の刀剣春秋6月号が置かれていましたが、出口のあたりには12日から徳川美術館で展示が始まる鳥飼国俊が表紙の7月号も置かれていました。コラムでは骨喰藤四郎についても書かれています。
 今回パネル展示には行きましたが、それ以外の場所は雨も降っていたこともあり隅々までは見なかったので、永青文庫は会期中あと最低でも一回は行きたいのでスタンプラリーが始まったらそれも合わせて楽しみたいなと思います。


《今回の一振》
 今回は永青文庫のアンケートでも書いたのですが、生駒光忠が一番印象に残りました。まさか展示の一番最初に置かれているとは思いませんでした。ずっと見たかったものだけあって見た瞬間とても感動しました。刃文がとにかくよく見えるように展示されていて、沸も板目もよくわかりました。

 刀剣博物館で特別重要刀剣に新しく指定された刀剣が展示されていたので久しぶりに行ってきました。
また、映画「日本刀~刀剣の世界」をまだ観ていなかったので席が空いていたので急遽行ってきました。

《行った場所》
〇刀剣博物館
 今回は新しく指定されたものの特集だったので、解説がありませんでした。やはり造りの説明がほしいなと思ったのと、普段の刀剣博物館の展示はちょうどよい量の解説があったのだと感じました。今回所蔵者も書かれていませんでしたが、すべて個人蔵というわけではないのでしょうか。
 展示されていたものは、無銘刀が多いですが有名な刀工のものも多くとても勉強になりました。特に印象に残ったものを紹介します。
主な刀剣
・短刀 銘 吉光(名物 鍋島藤四郎
 以前調べたときに行方不明とありましたが、鞘書もされていたのに行方不明というのは、ただ個人が持っていたということでしょうか。重要文化財などに登録されていると個人名や所在地までしっかり登録されるのでそうそう行方知らずにはならないと思いますが、刀剣の所持登録だけではそこまで正確に把握されていないということでしょうか。地鉄がとてもきれいで、吉光らしい小振りな短刀でした。
・刀 無銘 来国行
・刀 (朱書)国俊
・刀 銘 来国俊
・刀 無銘 来国光
 来派の刀が並んで展示をされていたのでそれぞれの刀工の特徴を比べることができました。刃文はかなり違いがあるというのがわかります。個人的には来国俊の刃文が一番来派のイメージでした。来国光まで時代が下ると地鉄が相州っぽいなと思いました。
・薙刀直し刀 無銘 伝正宗
 薙刀直しということで見た目のインパクトがとてもあります。正宗の薙刀は見たことありませんが、こちらも伝なので確定ではないということでしょうか。史料としておもしろい存在だなと思いました。
・刀 無銘 貞宗
 こちらは貞宗だそうですが、あまり貞宗っぽくない刃文だなと思いました。地鉄はそれらしいのでわかりますが、これを見ても貞宗と当てることはなかなか難しそうです。
・脇指 銘 相州住秋広 応安三
 特に帽子の部分の刃文が秋広らしいなと感じました。秋広の刃文はなかなか好みなので見られてよかったです。

・短刀 佐伯則重作 元応元年十一月日
 刃文がかなり広くて刀身の大部分を占めていて変わってるなと感じました。短刀で年季がしっかり入ってるのは貴重だなと思いました。
・太刀 銘 久宗
 古一文字の刀工だそうですが初めて見ました。細身でかなり古い時代に作られていそうです。一文字らしい姿だと思いました。
・短刀 銘 守家
 短刀にしてはあまり見ないめずらしい刃文で印象的でした。
・脇指 銘 備州長船倫光 延文三年二月日
 倫光というと日光二荒山神社にある国宝の大太刀ですが、こちらにも同じように彫物がたくさんありきれいでした。奉納用の刀という印象を受けました。
・刀 無銘 青江
 姿や地鉄の感じがにっかり青江そっくりでした。青江派の刀剣はあまりたくさんは見ていませんが、刃文以外は毎回受ける印象がかなり変わるので、今回は同じ青江派の作というのがしっくりきました。
・短刀 銘 筑州住左
 すごく見たことがあるような気がしましたが、おそらく土浦市立博物館の国宝の行弘の短刀か小夜左文字と似た印象だったのだと思います。特に帽子のあたりが特徴的だなと思いました。
・一竿子粟田口忠綱 雕同作
 忠綱らしくすごく細かい龍の彫物で火を吹いたデザインになっていました。
・刀 銘 繁慶
 地鉄がきれいでのたれの刃文もとても好みな造りです。


《感想》
 解説がないとやはりまだまだ刃文を詳しく言葉で書くこともできないというのがわかりました。今回久しぶりに刀剣博物館に来たら展示とガラスの位置が意外と離れているなと感じました。先日黒川古文化研究所で単眼鏡を借りてみて見ましたが、照明がみやすいだけに今回は欲しいと思いました。刀剣博物館は短刀の展示のときに寝かせる展示の仕方をよくとりますが、距離が近くとても見やすいので良いなと思います。
 見終わって時間がちょうどよかったので、日本橋で映画日本刀を観てきました。有名な刀剣が紹介されるというのに興味を持ちましたが、刀ができるまでを丁寧に映像に残されていたのがとてもよかったです。少し前に備前長船刀剣の里で鍛えを見学したばかりだったのもあり、とてもすんなりと頭に入っていきました。研ぎのようすもここまでじっくり映像で学ぶのは初めてで思わず研ぎ師を目指したくなるような作りでした。博物館の展示越しだったり映像が古いものを映画館のスクリーンで観るのはとても違和感がありもったいないなと思いましたが、テレビで観ればおそらくそこまででもないのでしょう。全体的にとても緊張感のある映像ばかりで、集中して観ていたために見終わった後に少し疲労感がありました。


《今回の一振》
今回は江の作といわれる刀です。伝江なので確実ではないのでしょうが、とてもきれいで良いなと思いました。刃文も江らしさを感じます。


 羽田空港にあるディスカバリーミュージアムで、徳川ミュージアムの所蔵品展が13日の日曜日まで開催中です。毎週水曜日にミュージアムトークが行われていたので、ミュージアムトーク最終日に行ってきました。

《行った場所》
羽田空港美術館
 初めて行きましたが、とてもおしゃれな空間でした。新幹線ばかり使って羽田空港を利用する用事がなかったので、今回は美術館のために行ってきました。無料で見られてとても良いのですが、飲食店をぬけた一番奥まった場所にあるため、普通の人はなかなか訪れないのではないのでしょうか。駅を降りてから、探しながら歩いたのでけっこう時間がかかりました。
 同じようにミュージアムトークに合わせて来る方が多かったので、人は多かったですがじっくり見ることができました。今回のミュージアムトークは、徳川ミュージアムの学芸員の方が解説をしてくださいました。最後だからということで、美術的な説明だけでなく、個人的な思いを多く語っていただけたのが良かったです。

主な刀剣
・刀 無銘 光忠(号 燭台切)徳川ミュージアム蔵(茨城)
・太刀 銘 包永(号 児手柏)徳川ミュージアム蔵
・槍 銘不明
家康から水戸徳川へ贈られたもの。南無八幡大菩薩の文字。


《感想》
 水戸のほうには2回行ったので、そこで見たものも多かったのですが、今回は写真撮影も可能ということで、思う存分堪能することができました。今週いっぱいで羽田での展示は終わりですが、来年からまた水戸で焼刀も展示されるとのことで楽しみです。今回、燭台切を見たときに、以前より白っぽく見えるなと思いましたが、解説で照明の関係だと教えていただきました。展示方法を変えると、これだけ見え方が変わるのだと実感したので、来年水戸で刀掛けにたてて展示されるのなら、どのように変わるか楽しみです。来年以降も動きがたくさんあるようで、本当に目が離せないなという思いです。


《今回の一振》
 前回は写真で残すことができなかった児手柏と燭台切です。
DSCF3202

DSCF3213

比べると児手柏はかなり反りがあるように見えます。武庫刀纂では七分=2cmちょっととのことです。
児手柏の銘は見やすく残っています。
DSCF3204


児手柏と比べると燭台切のほうがきれいに残っているなという印象です。
DSCF3214

前回写真が撮れないためがんばって写した武庫刀纂の刃文もこのような感じです。
児手柏は刃文の記録が残されていないということで、とても残念です。

DSCF3212

 毎年春に公開される土方歳三が使用した和泉守兼定の刀ですが、今日一日だけ限定公開となりました。日野市の撮影で使うのに出したついでのようで、とてもありがたいです。
 前回はとても並んで大変だったようですが、今回はそこまでひどい行列ではなかったと思います。今日は行くところがあったので見たのは資料館だけですが、日野市周辺は土方歳三関連で見るところがあるのでぜひ今度行ってみたいと思いました。

《行った場所》
土方歳三資料館
 10時開館予定でしたが、早めの9時40分に入ることができました。最初に50人ぐらい入れるだけ館内に入り、館長さんから簡単な説明をしていただきました。初めて来館しましたが、本当に個人宅の敷地内で驚きました。館長さんはとても慣れた様子で、鑑賞開始までスムーズに進みます。説明が終わったあとは、好きなように見ていくのですが、刀だけでなく物販もとても人気でみなさんたくさん買っていかれてました。職員の方が入口と物販の2名だけなのにスムーズに進んでいくので、本当に慣れておられるようです。
  館内は広くありませんが、たくさん展示物があり解説も充実しています。今回は混雑しているのもあり隅々まで見られなかったので、また来たときにしっかり見たいと思います。刀の展示は譲りあいながらだったので、思ったよりもじっくり見ることができました。低い位置に展示してあるのですが、後ろの人のためにしゃがんで鑑賞するので、刃文もしっかり見えました。

主な刀剣
・刀 銘 和泉守兼定 慶應三年二月日 日野市指定有形文化財
・十文字槍 銘 助宗
・槍 無銘


《感想》
 館内にあった展示でとても目をひいたのが、新義隆さんが作られた和泉守兼定の漆刀です。今年からの展示だったそうですが、本当にすごいと思いました。本物の刀の厚みはないですが、とにかく刃文がきれいに表現されています。壁にかかっていましたが、本物の刀かと思いました。専門誌の刀剣界22号で記事になったようでその切り抜きも展示されていました。父が刀剣鑑定家だということでなるほどと思いましたが、漆職人の兄の名前が”光忠”さんだそうで、「ああ、お父さんは光忠の刀が好きだったのか」と思いました。少し前に模造刀を買いましたが、刃文が物足りないと思っていたので、漆刀にとても興味をもちました。HPに作品の写真が載っていますが、どれも本当にきれいです。以前に展覧会を開いていたようなので、ぜひ他の作品も実物を見たいなと感じました。


《今回の一振》
 今回はもちろん和泉守兼定の刀です。ぱっと見た感じ、反りが全然ないなという印象です。また、新刀らしく茎がとてもきれいで、実際に使われた刀なのに、多くの人の手に渡った刀とは全然違うと思いました。刃文は派手さはないですが、よく見ると細かく模様がついています。拵えの赤は落ち着いた色合いでとてもきれいでした。以前コンビニで買った刀のおもちゃで和泉守兼定が出ましたが、まさに同じでおもちゃのほうにすこし愛着がわきました。館長さんの解説で、土方歳三は柄の上のほうを詰めて持っていたので、そのあたりの糸巻がすり減っていると聞きましたが、言われてみれば確かにという感じでした。

 今日から1月23日まで、特別展「三井家伝世の至宝」が開催中です。初日ですがほどよい人出で見やすかったと思います。

《行った場所》
三井記念美術館
 今回の特別展では、他の施設が現在所蔵しているものも展示していましたが、刀剣に関しては現在三井記念美術館が所持しているもののみでした。今回展示していた刀剣の多くは、紀州徳川家から購入したものだそうです。以前、なぜ紀州徳川家には現在美術館などが設立されていないのか調べたことがありましたが、財政難で多くを売りに出したからだそうですね。各地の歴史博物館を見ると、どこの藩主もお金に苦労していましたし、現在も博物館の存続に当主は苦労されていることがわかります。しかし、御三家でもそこまで財政難になるというのには驚きました。
 美術館はビルの中にあり、ワンフロアに収まっていますが意外と広さがあります。展示品はそこまで多くないのでのんびり見て1時間ぐらいでした。茶道具が展示されている第一展示室は内装がとてもおしゃれで、部屋の中を見るのも楽しいです。刀剣以外の展示では、絵巻や屏風、切手コレクションなどが好みでした。また、蒔絵が施された水晶台がとても豪華できれいなのですが、三井炭鉱でとれた鉱石が埋め込まれているそうで、事業の手広さを実感しました。

主な刀剣
・短刀 無銘 正宗(名物 日向正宗国宝
・短刀 無銘 貞宗(名物 徳善院貞宗国宝
・太刀 銘 則宗 重要文化財
 とても細身です。幅のある徳善院貞宗の後に見たから余計にそう感じます。
・太刀 銘 助真 重要文化財
・刀 銘 国広(号 加藤国広重要文化財
 刃文が不規則かつ豪快でとても印象的です。鎺に下がり藤が彫られていました。加藤という姓を考えたら不思議ではありませんが、号の由来となった加藤清正自体は、調べたところ使用していたのは下がり藤以外の家紋だったようです。
・薙刀 銘 一 重要文化財


《感想》
 普段見に行く各地の歴史に根付いた博物館とは違い、個人のコレクションで手に入れた品々なので新鮮でした。佐野美術館や根津美術館なども同じ私立の博物館ですが、刀だけで言っても、これだけ文化財登録された個人のコレクションが見られるのはすごいことだと思います。刀剣は文化財登録されていても、比較的個人が持っている割合は高いそうですね。由緒ある刀も売りに出されたりというのは珍しくないですが、当時からの価値などを考えると、すごい財力を持っていたのだなと実感します。刀の持ち主の移り変わりを調べると、時代の流れと栄枯盛衰がうっすらとわかるのがおもしろいなと思います。しっかりと保管と管理できる人の手に渡ったからこそ、今もきれいな状態で見ることができると思うと、由緒ばかりにとらわれて現在の所蔵についてあれこれ考えるのは勿体ないとな感じました。


《今回の一振》
 今回は日向正宗と徳善院貞宗の二振です。正宗と貞宗の刀が並んで展示されるというのはあまりないと思うので、じっくり比べて見てみました。刃文がどちらもくっきりときれいに見られたので比べやすかったです。確かに刃文は貞宗のほうがゆるやかなでしたが、ほぼ梵字の彫物で貞宗と判断するぐらいしかできそうにもありませんでした。貞宗の短刀は彫物がたくさんあるので、にぎやかな印象をうけます。徳善院貞宗はとにかく大きくて驚きました。隣の日向正宗と比べると幅も長さも倍はあるんじゃないかと思うぐらいの大きさです。大きさも刃文も、隣同士で並んでいたおかげで見比べることができたのでよかったです。


↑このページのトップヘ