黒川古文化研究所で刀剣の展示が行われるのを昨年から待っていたのですが、今回他の旅行の予定もあり行くか迷いました。しかしやはり行かないと後悔するかなと思い、2日前にホテル、前日に新幹線をとり急遽行ってきました。せっかくなので姫路も一緒に行きました。

《行った場所》
○黒川古文化研究所
 新大阪から行きましたが意外と近くて交通の便は良かったです。博物館までは駅前からのシャトルバスを利用させていただきました。とても急な坂道が続き、慣れていないと車の運転も大変そうです。
 受付で単眼鏡を借りてみましたが、倍率が高いのではピントが合わせられないので短いのが使いやすかったです。今回は展示位置が比較的近いので、肉眼でも良く見えるのですが、単眼鏡を使うとさらにきれいに見られてよかったです。展示位置が離れてる展覧会などではぜひ活用したいです。展示については、刃文や造りについての解説があまりなかったので欲しいなと思いました。
 図録の他に美術関係の辞書などもあり、刀剣に関する初めてみる本もありました。合計で2時間ぐらい滞在してゆっくりさせていただきました。
主な刀剣
・刀 無銘 長谷部 金粉銘 国重 重要文化財
 すごくきれいで今まで見た中で一番好みな皆焼でした。
・刀 無銘 金象嵌銘 当麻 本阿弥又三郎磨上之(花押)
 形がとてもきれいでいいなと思いました。
・短刀 銘 来国俊
 幅が広めで短刀はこれぐらいの大きさのものが好みです。鎺がきれいで彫物がおしゃれでした。
・短刀 銘 鎌倉住新籐五国光法名光心 正和二二年□月十日
 単眼鏡で地鉄をじっくり見ましたが、やはり相州の刀は地がかなり好みです。
・短刀 銘 吉光
 細身ですごく吉光らしい短刀だなと感じました。
・脇指 無銘(名物 籠手切郷
 刃文はうっすら見えるという様子だったのですが、刃文が大きめで特に切っ先にいくほどかなり波うっていました。郷の刀はそこまで多く見てないうえに、写真で確認できるのが東京国立博物館で展示していたもののみなのですが、郷を見るときはいつも刃文が見えにくくて郷らしい刃文がまだよくわかっていないです。今回のはどうなのでしょうか。
・短刀 無銘(名物 伏見貞宗国宝
・刀 銘 一ツ葉葵紋 薩州住主水正藤原正清 享保十四年十一月
 どことなく美濃っぽい印象を受けました。


○湊川神社
 三宮周辺で刀を所持している場所を探しているときに見つけました。高速神戸駅の出口を出てすぐ目の前にあります。展示物は少ないですが楠木正成についての展示物がたくさんあり、普段と違う視点で歴史をわかりやすく学べました。
主な刀剣
・太刀 銘 国行
 初代の宮司が奉納したとのことです。刀身は77.6cmで迫力があります。健全できれいに手入れされているなと思いました。
・太刀 銘 於湊川神社 道政 昭和十六年二月吉日
 鎺に楠木正成の家紋の菊水紋が彫られていました。神社にもいたるところにこの紋がありとてもおしゃれだなと思いました。
・刀 銘 昭和十五年十一月吉日 日本製鋼所俊秀勤作 鍛錬湊川神社大前 紀元二千六百年奉祝祭
 こちらも鎺に菊水紋が彫られていました。どちらも現代の刀匠が打ったものですが、これですら70年も前のものと考えると、普段見ている刀がどれだけ昔のものなのかあらためて実感しました。
・脇差 銘 膳所住胤吉 慶応二年寅年四月
 胤吉は月山貞吉の門人だそうです。ものすごく幅広の造りでした。
・短刀 銘 於楠公神前 月山貞一錬之 明治二十八年四月
 冠落としか鵜の首造りのどちらかですが、違いがわかりませんでした。


○姫路城
 初めて行ってきました。朝早い時間だったのでそこまで混雑していませんでしたが、一方通行なので人が多いときは進みが遅くて大変だろうなと思いました。天守内は展示物などは置いてなく、木造の城らしさを感じる内装ですが、石内棚というロフトのような中二階造りになっているのが、他では見ないのでおもしろいと思いました。武具掛けもとてもたくさんありおもしろかったです。
 百間廊下には天守と違い展示がたくさんあり、長い建物なのでこちらのほうが見るのに時間がかかりました。姫路城というと、池田輝政の印象が強いのですが、姫路城はかなり城主がころころ変わっているのがわかりました。瓦には池田家の揚羽蝶の紋が多かったです。岡山城で多かった横向きの蝶よりも、正面を向いているものが多かったと思います。


○射楯兵主神社
 播磨国総社ということで姫路城のすぐ近くにあります。展示物が置いてある総社御門は、自由に入ることができました。刀剣も所持しているようですが、以前に東京国立博物館で展示をしたことがあるようです。ミミズクが神の使いということで、御門の中にいろいろなミミズクの置物が展示されていました。


○兵庫県立博物館
 刀剣の展示はありませんが、いつも各地の博物館を訪れているので、兵庫県の歴史を学ぶためにも行ってみました。企画展で偉人の肖像画など、絵画を中心に古代から順に展示していました。解説も詳しくてかなりわかりやすく歴史のおさらいができました。
 常設展は入館無料で、展示物は少ないですが凝ったものが多かったです。姫路城の紹介とともに他の現存天守の模型が一緒に置かれていましたが、この一年間の間に行ったものもいくつかあり違いがよくわかり楽しかったです。解説のボランティアの方の話をたくさん聞くことができました。
 資料室として各地の博物館の図録などがたくさん置かれていました。あまり珍しいものはありませんでしたが、かなり蔵書量は多いほうだと思います。つい夢中で漁ってしまいました。
 今まで行った博物館の資料室のなかでは、東京国立博物館を除けば大阪歴史博物館が一番図録などが豊富だったかなと思います。埼玉歴史と民族の博物館も古い図録などが読めておもしろかったです。東京国立博物館は平日利用できないので、都内では都立図書館や国立新美術館が図録を探して読むだけなら便利だなと思います。
 


《感想》
 今回は、新大阪→三ノ宮→姫路と兵庫県をほぼ横断するぐらいの距離を移動しましたが、電車でも意外と時間がそこまでかからないので便利だなと思いました。前回数珠丸を見に初めて兵庫県を訪れたときに山と住宅地が長距離間密接に続いていて驚きましたが、今回もその地形の面白さをとても感じました。また、明石城や須磨寺など今回行けなかったところはまだまだあるので、また訪れたいと思います。


《今回の一振》
 今回は伏見貞宗です。 貞宗の中では細身なほうかなと感じました。展示の位置や研ぎで刃文がとてもよく見えました。刃文が規則的でおとなしい印象をうけましたが、上品な感じできれいでよかったです。貞宗というといつもがっちりした印象もつのですが、今回は造りも刃文も全体的に線が細い印象です。単眼鏡で地鉄をじっくり見られたのもよかったです。