刀剣巡礼覚書

日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて聖地巡礼をしつつ全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。

カテゴリ: 神奈川県

 熱海へ旅行することになったので、合わせて以前知って気になっていた湯河原の木村美術館へ行ってきました。今回はあまり時間がなかったので湯河原の他の施設はみることはできなかったのですが、他にも美術館がたくさんありました。

《行った場所》
○木村美術館
DSCF3891

 個人で運営している美術館で、相州刀美術館という名前でもあります。湯河原の土は鉄が含まれていて、海岸の砂浜も砂鉄を含んで黒くなっています。地名も鍛冶屋という地名で、昔は鍛冶職人がいたのではないかという話です。木村美術館のご主人は、昔からこの場所に住んでいて家に刀があったそうです。今回は奥さんとお話をすることができました。家にある刀をせっかくだから展示してみようということで、30年ほど前に美術館をつくったそうです。ただ、ご夫婦も高齢になり来る人も多くはないので美術館は基本的には閉館しています。町の観光案内マップにも、来館の際には事前に連絡をしてくださいとありました。ホームページやマップに載っている連絡先はご自宅の電話番号ですが、美術館に行くと見える場所に携帯電話の連絡先が書かれていて、そちらに連絡をしたほうが良いとのことです。
 展示室は外階段から入るのですが、ドアが銀行の大きな金庫のような扉で驚きました。展示については、湿度も管理されて手入れもされて良い状態でした。ただ、照明が少なかったり置き方の問題で見ずらいものもあります。展示替えをどの程度しているのかわかりませんが、展示されているもの以外にもたくさんあるそうです。手入れは毎年本阿弥家の方が来ているらしく、11月に磨いたばかりなので今の状態は良いと言っていました。解説はどなたが書かれたのかわかりませんが、今回お話をした奥さんはあまり刀には詳しくないそうです。ご主人が認知症になり代わりをしているようですが、足が悪く三階建ての美術館を経営するのは大変そうでした。とても優しい方でいろいろな話をしてくれました。ご夫婦共に高齢で職員としてご近所の方が来ているようですが、あまり美術館を長く続ける予定がないようで残念です。今まで博物館などで寄贈されて展示していたものは、同じような経緯があって預けられたのかなと思いました。


主な刀剣
・短刀 銘 源正家
 三島に住んでいた江戸時代の刀工だそうです。刃文が富士山と月に見立ててあり、まるで絵画のようになっています。
・脇指 銘 元近作
 小田原相州物とよばれる作者の作品で相州らしい姿の刀です。
・脇指 銘 相州住綱広
 三代綱広の作で、倶利伽羅龍の立派な彫刻があります。
・脇指 銘 相州伊勢大掾源綱広
 同じ綱広でもおそらく五代目の作品です。細身で刃文はおだやかで、上の刀と上下に置かれて展示してありましたがまったく違う印象でした。
・短刀 銘 綱家 重要刀剣
 綱家は北条家のお抱え刀工だったそうです。とても健全な姿で展示位置も良いのでとても輝いてみえました。
・脇指 銘 相州住秋広 貞治三年十二月日(号 日本一秋広神奈川県指定文化財
 黒田家伝来の刀で、拵えには黒田家の藤巴紋が散りばめられています。残念ながら刀身が手前に若干傾いて展示されていて、全体がかなり見ずらくなっていました。平造りで派手な彫り物などはなくシンプルな造りです。

・短刀 無銘 貞宗
 比較的刃文が華やかでどちらかというと正宗作のような印象です。手元にある図録の中では、佐野美術館の小松正宗が一番近い姿かなと思いました。鎺の丸に四つ目菱紋がきれいで、目釘穴が3つあり全体的に特徴的な姿をしています。
・脇指 銘 相州住綱広
 こちらは初代綱広の作で刃文はとても派手です。彫物は草の倶利伽羅がシンプルですがとてもきれいでした。
DSCF3849

・短刀 無銘 国光
 新籐五国光の作で、地鉄のきれいさがとてもわかります。刃文は細直刃でとても国光らしい刀だと思いました。伝来については何も書いてありませんが、鎺には葵の紋が彫られています。
DSCF3851


・刀 無銘 正宗(号 日月正宗
・刀 金象嵌銘 正宗(号 ひぐらし正宗
 ひぐらしの由来は、日ぐらし眺め続けても眺め飽きることがないという意味だそうです。こちらも展示位置が若干悪く照明があまり当たっていなかったのが残念です。しかし解説がかなり詳しく書いてあったので見どころがわかりやすくてよかったです。
・刀 無銘 伝国吉
 粟田口国吉の作とされる刀です。同じ刀の鳴狐とは違い鎬造りなので印象が全然違いますが、とてもきれいな細直刃です。
・短刀 銘 村匡
 刃紋が少しとがったフリルのようでとても華やかでした。
・脇指 銘 相州住綱広
 地鉄きれいで刃紋と彫刻の梵字のバランスが良くなかなか好みなだと思いました。
・脇指 銘 肥前國正廣
・脇指 銘 近江守忠吉
・刀 無銘 伝沼間藤源次助真

・刀 無銘 志津三郎兼氏 重要刀剣
 とてもきれいな直刃で、地鉄もきれいで相州伝に近いのがわかりました。とても健全な姿で鎺にはこちらも四つ目菱紋がみられます。
DSCF3887



《感想》
 照明や展示位置で少し見ずらいところがありますが、展示内容は良いものばかりだと思います。特に相州の刀が好きだととても楽しかったです。今回は展示をしていませんが、文化財登録された行光の短刀も所持しているようです。
あまり積極的に美術館の運営をする予定はないようですが、若い人が来るのはめずらしいということで歓迎していただいたので、ぜひ興味のある方は事前に連絡をして見に行ってほしいなと思います。美術館まわりの雰囲気もよかったのであの空気を味わうだけでも、非日常感があっていいと思いました。


《今回の一振》
 今回は日月正宗といわれる正宗の刀です。大磨上ですが全体的にバランスの良い刀だと思いました。中務正宗に似ている気がします。徳川家伝来ということで、黒漆の拵えも一緒に展示されていました。家康は実用的でシンプルな拵えを好んだという話がありますが、この拵えもまさにそういった装いでした。
DSCF3855DSCF3856DSCF3857
DSCF3858
DSCF3859


 三島の佐野美術館で始まった「名刀は語る-磨きの文化-」に行ってきました。合わせて行く場所を考えていたところ、行きたいと思っていた箱根神社が近かったので行ってきました。2日間限定の小夜左文字と愛染国俊を見るのに、土曜日でも行けそうだったのですがとても混雑しているということだったので日曜日に見てきました。


《行った場所》
○箱根神社
 箱根までは、新宿からの高速バスを利用しました。直接行ってくれるので便利なのですが、行楽シーズンということもあり高速道路の渋滞が長く、予定時間よりも一時間ほど時間がかかってしまいました。普段新幹線や電車を使っているのであまり考えていませんでしたが、バスは時間が読めないのが難点なので考慮する必要があります。
 山のホテルというバス停で降り、箱根神社までは歩いて行きます。宝物館は新しく、常設展では各地の博物館のような映像資料もありました。企画展では曽我物語について詳しく展示があり、物語の流れを読んでから展示物を見るとさらに楽しめました。
主な刀剣
・太刀 無銘 伝長船長円(号 微塵丸
 木曽義仲が箱根権現に奉納したもので、曽我物語の中では兄の十郎祐成が佩刀した刀です。かなり長くて80cmはありそうでした。(調べたところ100cmちかくあるそうですがそこまでの長さがあるとは思いませんでした)
 刀は寝かせて置いてあるため、刃文は見えませんが重ねは厚く樋も大きくはいっていてあまり平安ごろの古い刀には見えませんでした。反りはあるけれど、どちらかというと南北朝の作というほうがあってるような気がします。鎺近くには大きな刃こぼれがありました。

・太刀 無銘 伝三条宗近(号 薄緑丸
 源義経が奉納した刀で、曽我物語では弟の五郎時政が佩刀していました。仇討ちを果たした後は源頼朝から返納されたそうです。細身ですがかなり反りが小さく、こちらもあまり平安らしさは感じませんでした。微塵丸と並べて置いてあるので比べてみると同じような時代に造られた刀だとしても全然姿が違うのがわかります。ただどちらの刀も小峰なのですっとした尖った印象を受けました。刀を見るという目的では物足りない展示方法なのですが、壮大な逸話をもつ刀という展示としては十分楽しむことができました。


○佐野美術館
 箱根芦ノ湖から三島まではバスで行きました。途中三島大橋や山中城跡を通っていき、景色を見るだけでもなかなかおもしろいです。小田原や熱海行のバスは混んでいましたが、三島行はとても空いていました。
 三島で一泊して、佐野美術館は9時の開館ちょうどをめがけて行きました。だいたい館内に入るのに1時間半、小夜と愛染が展示されているブレストシーブのスペースまでで30分、その他の展示も列に並びながら見て1時間半といった感じでした。ブレストシーブのところは1分間だけだったので、見たことのない愛染国俊をじっくり見ようと思って他はあまり見られませんでした。それ以外の展示は、列の進みが遅かったのもありかなりじっくりと見ることができました。
 スタンプラリーが始まってからも行く予定ですが、前期と後期でほぼすべて展示替えになるためどれも真剣に見る必要があり大変でした。見た刀についてですが、多すぎてとても書ききれないほどなので文化財指定を受けているものだけ書き出します。それでもかなりの数があり、本当にすごい展示だというのがわかります。寄託のものは目録には名前も書いてありますが個人蔵としています。
 
主な刀剣
・短刀 銘 国俊(名物 愛染国俊重要文化財、㈱ブレストシーブ蔵
 初めてみるので、茎の愛染明王を探したのですがうまく見えませんでした。全体的にすらっとしていて、下にあった小夜が小さいため比べるととても長いように見えました。彫り物が刀身のわりに大きくて全体的に好みな姿です。
・短刀 銘 左(名物 小夜左文字重要文化財、㈱ブレストシーブ蔵
 今回は見られる時間が短かったので、去年中鉢美術館でじっくりと見られてよかったです。今回は愛染と並べての展示だったので、小ささが強調されていました。表面がなめらかでつるっとした印象です。

・太刀 銘 利恒 重要美術品
 展示は古い時代から順に置かれています。これは平安のものですが、備前らしい姿だなと思いました。鎌倉時代のよく見られる備前刀に近い気がします。銘が大きく古いものにしては読みやすく残っているのがよかったです。
・太刀 銘 行秀 重要文化財 個人蔵
 行秀も古備前の刀工ですが、こちらはあまり備前っぽくないなと思いました。備前の刀は作者によって受ける印象がかなり変わるのでおもしろいです。古備前の刀は見る機会が多くないので特に毎回新鮮に見えます。
・太刀 銘 国行 重要美術品 
 切っ先が太く力強い印象を受けました。来派の刀は特に地鉄が好みです。
・刀 無銘 当麻 重要美術品
・刀 無銘 正宗 重要文化財
 反りが強く、他の正宗から感じる大磨上の形跡をあまり感じない姿でした。峰も大峰ではなく少し控えめな印象です。刃文がポコポコっとふくらんでいるようすがいいなと思いました。照明の当たり方で沸がとてもよく見えました。
・太刀 銘 長光 重要美術品
 長光らしい姿で肌がとてもきれいです。刃文がよく見ると派手でそこもらしさを感じました。
・薙刀 銘 備前国長船住人長光造 国宝
 厚みがありとても重そうだと思いました。薙刀は展示があまりなかったり、展示位置が少し高めに置かれたりしていることが多く、刀と同じように見るのは意外と少ない気がします。
・太刀 銘 長元 重要文化財
 初めて見る刀工です。姿は平安ぽさを感じる細身で、刃文がちょこちょこっとはいっているのが上品だなと思いました。
・太刀 銘 真長 重要文化財、個人蔵
 鎬が低くてぱっと見平造りかと思うような姿で、磨り上げられてそうなアンバランスさを感じました。刃文はフリルのように華やかで、刀身にある梵字や剣の彫り物が好みです。鎺には本田家の家紋が入っていました。
・太刀 銘 国宗 重要美術品、個人蔵
 刃文がメラメラと燃えているようで、山鳥毛一文字のような印象を受けました。
・太刀 銘 雲生 重要美術品
 とても肌がきれいで、刃文も上品な直刃でよかったです。
・太刀 銘 俊次 重要美術品
・太刀 銘 為次 重要美術品
・太刀 銘 清綱 重要美術品
・脇指 銘 相模国住人広光 康安二年十月日(号 火車切重要美術品
 刃文の焼き幅が広くとても派手な印象です。あまり厚みがなく地鉄も正宗や貞宗とはちょっと違うなというのがわかりました。
・刀 金象嵌銘 備前国兼光 本阿弥(花押)(名物 大兼光) 重要文化財
 長くて幅も広いため、とても迫力がありました。刀は80cmを超えるとすごく大きいなという印象を受けます。刃文ものたれがとても派手な印象ですが、正宗などののたれの感じとはやっぱり違うなという感じです。
・刀 金象嵌銘 基光 重要美術品
 片落ち互の目がとてもわかりやすく、全体的にその刃文なのでトゲトゲしさを感じました。けれど肌がきれいで好みな姿です。
・刀 銘 津田越前守助広 延宝二年二月日 静岡県指定文化財、個人蔵

・短刀 無銘 貞宗(号 太鼓鐘貞宗重要文化財、個人蔵
・太刀 銘 景則 静岡県指定文化財、個人蔵
・大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切静岡県指定文化財、個人蔵
                  他多数


《感想》
 限定公開の2日目に行ったのでそこまで混乱もなく見ることができましたが、やはり館内はとても混んでいました。けれど全体的にじっくり見ることができて、講演も聞くことができたので大満足な展示でした。澤口さんの講演を聞くのは3度目でしたが、自分の刀を手に入れた後なので今までとは違い話す内容に同感することが多かったです。持ち主がいなくなり手入れがされないもったいない刀がなくなるために、若い人に刀の所持者になってほしいという考えがあることを、話を聞いていて感じました。まだ今は刀を実際に購入した人は少ないと思いますが、今興味を持っている人は本当にたくさんいると思うので、私が買ったようにこれから10年もしたら刀を持つ人がかなり増えているのではないかなと思います。


《今回の一振》
 今回はずっと見たかった太鼓鐘貞宗です。個人蔵で今までの展示の経歴からいったら佐野美術館で展示する可能性は高いだろうなと思っていましたが、こんなに早くみられるとは思っていませんでした。姿は貞宗らしさは薄く思っていた以上に小さかったです。肌はきれいで刃文ののたれが好みな感じでした。貞宗も正宗も銘がないため今まで真偽不明なものはたくさん見ましたがどれも魅力がある刀だと思います。実物ではなく図録でしか見ていない刀は所持者の来歴などを中心に見てしまいますが、実物を見るとその刀の造りを中心に図録を見られるようになる気がします。以前開催された「名物刀剣-宝物の日本刀-」の展示会の図録に太鼓鐘貞宗がのっていますが、実物を見る前と後で写真から感じられる印象がかなり変わった気がします。

 刀剣めぐりの旅で初めての神奈川県。去年小田原城に行きたいと思ったときにはもう天守の改修工事にはいっていて、5月1日に公開が始まったのでさっそく行ってきました。小田原は初めて行ったけど思ったより遠いなという印象です。でも電車に乗りっぱなしで行けるので都内から行くのはかなり楽でした。
 5月3日から小田原ではお祭りが開催されていました。5日は駅前や少し離れたあらゆる場所で神輿が担がれていました。どういうお祭りなのかちゃんと調べずに行ったので、お神輿がお店をまわって直接店頭で商売繁盛を祈願するという不思議な光景をたくさん見られました。老若男女多くの人が参加していて、特に若い人が多いなという印象です。

《行った場所》
○御幸の浜
 小田原駅から歩いて15分ぐらいの距離にあります。思っていたよりもきれいな海ででした。波が高く砂浜ではなく砂利だったので海水浴には向かなさそうでしたが、とても暑かったこともあり気持ちよかったです。小田原城に登る前に見て知っておいてよかったとも思いました。

○小田原城址公園
 敷地があまり広くないのもあり城らしい雰囲気は少なめですが、市民の広場としてはきれいに整備されていて良いなと思いました。祭りの期間ということで、広場ではジャズコンサートや屋台などが開かれていました。人は多いですが広さのある広場なのであまり混雑は気になりませんでした。近くに子供向けのちいさな遊園地があるというのが、他の場所にはあまりないので面白いと思います。

○小田原城天守閣
 高い石垣の上にある天守閣ですが、入口までがかなり急な直線の階段になっていておどろきました。他の城では見ない不思議な造りです。リニューアルされたばかりとあって、中はとてもきれいです。とくに照明あたりがおしゃれで他の新しめのお城とも違うなと思いました。展示は北条氏が治めていた約100年間にスポットを当てていて、秀吉に負けてからはほどんど書かれていませんでした。展示量はそれほど多くはありませんが、左右や足元など文章量は多く、全部見ていくと意外と時間をかけてじっくり見ることになります。所蔵品の展示は見やすく解説もあり良かったです。
 天守閣の外観、内側は他の城と比べると物足りない感じですが、なんといっても眺めがとてもよかったです。一周ぐるっと回れ、かなり足元も広々しています。安全柵など視界を遮るものがないので、景色がとても良く見えます。天気がよかったのもありますが、海がとてもきれいで、三浦半島や伊豆半島、うっすらとですが伊豆大島も見えました。天守からの眺めでいえば、犬山城や岩国城にならんでかなり好きなお城になりました。
主な刀剣
・刀 相州住康春 小田原市指定文化財
・太刀 銘 相州小田原住義助
・太刀 銘 恒次
これらは写真撮影も可能です。他に撮影不可の短刀が一振展示されていました。

○小田原城情報館
 一階はお土産屋と甲冑や打掛の衣装を貸してくれる施設ですが、二階に少しだけ展示物があります。今は武具・甲冑展をしており、刀も展示されていました。こちらに来る人はあまりいないのか、天守閣のすぐ隣なのに人がとても少なかったです。
主な刀剣
・短刀 銘 奉納吉光  箱根権現施主大久保中興
・脇指 銘 相州住伊勢大掾綱廣
 脇指とありますが、60cmは超えているように見えるので刀ではないのかなと思いました。



《感想》
 あまり刀の展示は期待しないで行ったので、思っていたより良いものをたくさんみられてよかったです。相模の国なだけあって相州伝のものが多かったのですが、やはり歴史的な事情からかもっとあっても良いのにとも思いました。神奈川県内には他にも刀に関する施設があるようなので調べて行ってみたいと思います。


《今回の一振》
 今回は吉光の短刀です。拵えと一緒に展示されていました。最初あまりにポンと展示されていたので偽物かと思いましたが、刃文や銘をみても本物の吉光の短刀のようです。どうせなら天守閣で展示したほうがたくさんの人に見てもらえるのにと思いましたが、天守の工事中から展示していたようなので、こちらに展示してあるのだと思います。
DSCF3525

DSCF3526

DSCF3528

↑このページのトップヘ