刀剣巡礼覚書

日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて聖地巡礼をしつつ全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。

カテゴリ: 京都府

 ふくやま美術館の「阿部家ゆかりの日本刀」展に行ってきました。直前になって京都にも行きたいということになったので、今回も広島と京都を移動するという少し強引な行程でした。京都では、大覚寺、京都国立博物館、二条城と今回もたくさんの刀剣に出会う旅になりました。

《行った場所》
○二条城
 とても混雑するので朝一番に行ってきました。思っていたよりは平気でしたが、団体客が多いので全体的に見て回るだけでも進みが遅くなっていました。今まで行ったお城だと団体客はあまり多くないので、やはり京都といった雰囲気でした。昔は京都の観光地だと二条城が好きだったのですが、他のいろいろなお城や御殿を見すぎたせいか、昔より感動が薄くなったのを感じました。ただ、意外と近年修復をあまりしていないのか古くなっている箇所が多いなというのがわかりました。
 刀は京都の不動産会社の社長さんのコレクションだそうで良いものばかりでした。展示場所も二の丸御殿の中ですが思っていたより広々としたスペースで、人の流れを見て空いてるときを狙えばばじっくり観察することもできました。ただ光は弱くて刃文や細かい造りはあまり見えません。銘が読み取れるぐらいですが展示の仕方にあまり期待はしていなかったので思っていたよりは見られるかなという具合です。二条城での刀剣の展示が今まであったのかどうかはわかりませんが、普段刀をあまりみない人の目にもとまるというのは良いのかなと思いました。
主な刀剣
・刀 銘 孫六兼元 金象嵌銘 笹の露 個人蔵
・太刀 金象嵌銘 正宗 本阿弥(花押) 個人蔵
・太刀 銘 来国俊
・刀 銘 長曾根興里入道虎徹 寛文十二年と九月十一日二ツ胴切落 山の勘助十郎久英(花押)
・刀 銘 村正

○大覚寺
 今年一年間度々展示されていた膝丸ですが、しばらく展示されないとのことなので見納めに行ってきました。大覚寺は初めて行きましたが、とても広くで驚きました。紅葉の時期ということで人が多くにぎわっていました。大沢池のところでは紅葉をみながらお茶と和菓子をいただけました。とてもいいい景色が見られてよかったです。
主な刀剣
・太刀 銘 □忠(号 薄緑膝丸))重要文化財

○京都国立博物館
 坂本龍馬展の最後の土日ということもありとても混雑していました。展示品を全部じっくり見ているととても時間がかかるというのはあらかじめ聞いていたので、流すように見ていきました。刀剣の展示場所も最前で見る場合は並びますが、比較的じっくり見られました。
主な刀剣
・短刀 銘 濃州住兼涌 高知県立歴史民俗資料館蔵(高知県)
 武市半平太が佩刀していた刀です。重ねがかなり厚めだなと思いました。
・刀 銘 吉行
 2回目ですが、以前見た時よりも反りのないまっすぐさが強く感じました。
・刀 銘 山城國西陳住埋忠明寿作
 彫物がとてもきれいで明寿らしさを感じました。
・脇差 銘 備前国住長船二郎左衛門尉勝光左京進宗光 永正二年八月吉日 個人蔵
・刀 銘 筑前住源信国重貞 個人蔵
・脇差 銘 備州長船住忠光 個人蔵
・刀 銘 國廣
・刀 銘 兼元 霊明神社蔵(京都)


○ふくやま美術館
 福山に移動して、美術館へは朝の開館時間めがけて行きました。10分前で30人ほど並んでいました。入ってからクリアファイルや図録を並ぶための列に並び、その後入館券を買って見ました。最初は全員順番に並んで見ていくので進みはかなり遅いですが、次の部屋からは自由な順番で見られるのであまり並ばずに時間がかからず見ることができました。展示内容はとにかく豪華で、地域と年代ごとになってるのも違いがわかりやすかったです。図録の写真がかなり大きめで見やすいのも良かったです。
 展示された刀剣の数も多ければどれも指定文化財ばかりという豪華さなので、一度見たことあるもの以外を記録しました。所蔵が書かれていないものはすべてふくやま美術館寄託の小松コレクションです。
主な刀剣
・太刀 銘 久国 国宝、文化庁蔵
・短刀 銘 吉光(名物 岩切長束藤四郎重要文化財、東京国立博物館蔵(東京)
・太刀 銘 定利 国宝、東京国立博物館蔵
・短刀 銘 光包 重要文化財
・太刀 銘 包永 東京国立博物館蔵
・太刀 銘 大和則長作 東京国立博物館蔵
 他の包永の刀と同じように茎の尻ぎりぎりのところに銘がありました。銘が完全になくなるまで磨り上げられるものも多いのに展示で見る包永はぎりぎり残しているものばかりなのはおもしろいなと思いました。
・太刀 銘 正恒 国宝
・太刀 銘 備前国長船住左近将監長光造 正応二年十月日 重要文化財、林原美術館蔵(岡山)
・太刀 銘 備州長船住景光 延慶二年七月日 重要美術品、東京国立博物館蔵
・太刀 銘 備州長船兼光 延文三年二月日 重要文化財
・刀 無銘 伝長義
 全体的にとても好みな姿をしていました。新しく小松コレクションに加えられた刀で、阿部家に渡った経緯も近年わかったようで図録に細かく書かれていました。
・太刀 銘 備前国住長船盛景 重要文化財
・脇指 朱銘貞宗 本阿(花押)(名物 朱判貞宗重要文化財
・刀 無銘 志津(名物 分部志津重要文化財、個人蔵
・短刀 銘 兼友 重要美術品 刀剣博物館蔵(東京)
・刀 銘 和泉守藤原兼定 石破渋谷木工頭明秀 (金象嵌)二胴切落 伊勢山田是作 永正十二二年二 佐野美術館蔵(静岡)
・刀 銘 兼元

○福山城
 新幹線から見えていつも気になっていたのですが、やっと行くことができました。想像以上に近くてびっくりしました。全体的に岡山城に似ているなと思いました。中は展示物があまり多くないのもありとても広々としています。


《感想》
 今回は行く先々で刀剣の展示があってとても濃い旅行になりました。また、それぞれの施設でコラボグッズやポストカードなどいろいろな関連商品を買うことができました。あとから旅行の記録を書いていても、目録や図録があるだけで、そのときの記録の残り方が全然違います。最近は見るのが2回目以上のものが増えてきました。博物館などで気づかずこの記録を書くのに一覧表と照らし合わせているときに気が付くことが多いです。もっと一つ一つを大事に見ていきたいなと思いました。


《今回の一振》
 今回は初めて見た朱判貞宗です。朱判貞宗は幅広で大きな短刀という印象が物吉のような貞宗らしさの刀だなと思いました。どちらかというと短刀に見られる小さめな貞宗の刀のほうが好みですが、刃文はこれぐらいおだやかなものがいいなと感じました。

 薬師寺での大倶利伽羅の展示を観に奈良へ行ってきました。どんなに朝早く出ても到着は開館後の時間になってしまうので、逆にのんびりと昼から行くことにしました。どれだけの混乱があるのか心配でしたが、とても楽しかったです。

《行った場所》
○平等院
 約10年ぶりに行ったのでほとんど覚えていませんでした。また、数年前に大規模な改装工事をしたので、ほぼ初めて見る姿でした。入館料のみで宝物館にも入れるのですが、値段の割にとても展示が充実していてよかったです。博物館を見て映像などを見てから鳳凰堂の内部の見学をすると、理解しやすくてよかったです。雲中供養菩薩像がとても見ていておもしろかったです。

○薬師寺
 昼すぎに到着しました。大倶利伽羅など本日限定の4振を展示しているまほろば会館はすぐに入ることができ、出るまでの所要時間は1時間ぐらいでした。思っていたよりもじっくりと見ることができ、とてもよかったです。
 噂の刀剣展・仏教と刀展をしている宝物庫は、進みが遅いのもあり2時間ほど並んで入ることができました。タイミング良く待機列で、大倶利伽羅などの所有者であるブレストシーブの澤口氏の話を聞くことができました。小夜左文字の公開のときに会っていたので、見かけた瞬間まさかと思いました。とてもおもしろいお話を聞くことができてよかったです。
 記録についてはあまりとれなかったので、大まかなものをのせています。一応展示していた順番ですが、多少間違いがあるかもしれません。

主な刀剣
・太刀 銘 吉家 ㈱ブレストシーブ蔵
 短めの刀身で、山城らしい造りだなと思いました。
・太刀 銘 恒次(名物 鄙田青江恒次) ㈱ブレストシーブ蔵
 厚みがあり、比較的反りが小さいです。鎺に紋がはいっていました。数珠丸と同じ刀工作の可能性があるということで、確かに似た印象を受けました。
・太刀 銘 安綱(号 般若丸重要美術品 ㈱ブレストシーブ蔵
 すごく細くさらに長くて明らかに反りが強いです。腰反りでなく、アーチのように反っていて、鞘もどんなものなのか興味をもちました。
・刀 無銘(名物 大倶利伽羅広光重要美術品 ㈱ブレストシーブ蔵
 最初に見た印象は、正宗っぽいというものでした。多少時代が違っていても、やはり正宗の影響が色こくでているものだと感じました。

・刀 勢州桑名住藤原村正 重要刀剣
・太刀 銘 国行 重要刀剣
・太刀 銘 兼光(号 彦根兼光特別重要刀剣
・短刀 銘 国俊 重要刀剣
・太刀 銘 行正 重要美術品
・太刀 銘 安綱
・太刀 銘 正恒 特別重要刀剣
・太刀 銘 豊後国行平 重要刀剣
・太刀 銘 三原正広(号 雲龍正広重要刀剣
・太刀 銘 正宗 重要刀剣
・短刀 銘 左筑州住 重要刀剣
・短刀 銘 左(号 弾正左文字特別重要刀剣
・短刀 銘 村正(号 群千鳥重要刀剣        他多数


○吉野山
 せっかくの桜の時期だったので、桜の名所の吉野へ行ってきました。電車で吉野駅へ行き、そこからバスで吉野山中腹の中千本まで移動し、歩いて下山というルートにしました。若干満開の手前ではありましたが、たくさん桜が咲いていてとてもきれいでした。
 義経や秀吉に関係した寺社が多く、特に竹林院と吉水神社が良かったです。のんびり見ていたつもりはありませんが、4時間があっという間にすぎて帰る時間となってしまいました。


《感想》
 薬師寺は人は多かったのですが、敷地が広いためあまり混雑は感じませんでした。朝のほうが待機列がひどく、刀剣の鑑賞時間もあまり長くなかったようですが、昼にはまったりした雰囲気でした。噂の刀剣展は、2日の入場券を持って入れば後日入れる処置をとってくださったようですが、残念ながら近々奈良には行けなさそうだったので、並んで見てきました。展示量が多く、早めを心がけていても列の進みは遅くなってしまっていました。解説は刀工の説明が中心で、造りなど細かいところにはあまり触れていませんでした。仏教と刀展は展示内容がまとまってわかりやすく、今まで見てきた刀の復習をするような気持ちで見られてよかったです。
 今回所持者である澤口さんから直接お話を聞くことができよかったです。今回のように、中心となっての展示にはあまり前向きではないようでしたが、今後も博物館等へ貸出という形でたくさん見ることができると良いと思います。


《今回の一振》
 今回は大倶利伽羅です。印象としてはまず正宗っぽいと感じたことです。宗三左文字を見たときも正宗っぽいと感じましたが相州伝の雰囲気が好みのようです。切っ先が長く、刃文ののたれは切っ先に近いほうがよく見えました。幅はそこまで広くないので、倶利伽羅龍も思っていたより細い印象です。茎にも目立つ傷のようなものが見えました。鎺には、伊達の紋である竹に雀が彫られていたようですが、若干距離がありよく見えませんでした。
 持ち主の澤口さんがとても良い刀だと話していました。もともととても長い刀で、時代に合わなくなったのに、磨りあげてまで使い続けたのは良い刀の証拠、という話にとても納得しました。いままで磨りあげられたせいで銘がないのは価値が下がりもったいないなと思っていましたが、銘がないほうが良い刀だという考えもあるのだとわかりました。

 だいぶ前になりますが、京博の特集陳列―刀剣を楽しむ―に行ってきました。彦根城博物館でも、刀剣展示を行っていたので、合わせて行ってきました。今回観光のメインは彦根で、京都は京博のみになります。

《行った場所》
○彦根城
 初めて行きました。彦根駅で自転車を借りて周ったのでとても楽でした。周辺は平坦ですが、天守は小高い丘の上に建っています。意外と坂が急なので、距離は短いですが登ったら疲れてしまいました。木造の現存天守で、あまり大きくはありません。犬山城より少し大きいくらいでしょうか。鉄砲や弓で攻撃するために使われる狭間がずいぶん多いなと感じました。城内の解説や展示は少なめです。
 天守に行ったあとは、彦根のマスコットキャラクターひこにゃんのパフォーマンスを見ました。とてもゆるくて思わず笑ってしまいました。

○彦根城博物館
 井伊直弼の甲冑と刀剣展を開催していました。井伊家は600ほどあった刀剣を、関東大震災でほとんど失ってしまったそうです。今回博物館内には、特集展示と常設展示合わせて7振の刀が展示されていました。館内は写真撮影可能なのですが、照明の関係からか展示位置の関係からか、妙に撮りにくかったです。博物館の敷地内には庭園もあり、とてもきれいでした。

主な刀剣
・刀 銘 粟田口一竿子忠綱 正徳三年二月吉日
 銘も刃文もきれいに見られて、濤瀾刃がとてもわかりやすかったです。新刀なので反りが全然なく直刀のようでした。
・脇指 銘 長曾根興里入道虎徹
 こちらも銘がよく見えました。新刀は茎がきれいに残っているので、銘がとても読みやすいので助かります。
・脇指 銘 長曾根興里入道虎徹
・刀 無銘

・太刀 銘 正恒
 細長く、刃文はきれいな直刃でした。
・刀 無銘 伝保昌貞宗
 大磨上げ無銘とのことですが、そこそこ長さがあるので、磨上げ前はかなりの長さだったのでしょうか。
・脇指 額銘 尉恒次
銘がとても見やすくきれいに残っています。磨上げられているからか、アンバランスな印象をうけました。


○玄宮園・楽々園
 彦根藩の下屋敷で、玄宮園は回遊式庭園になっています。池がかなり大きく、きれいな橋がたくさんかかっていました。隣の楽々園は現在改修工事中で中には入れなかったのですが、外から見られる建物の内装がとてもきれいでした。

○埋木舎
 井伊直弼が藩主になるまでの間に過ごした家だそうです。屋内には入れず、庭もあまり広くない普通の住宅といった規模ですが、所せましと展示がしてあり、見応えはありました。大河ドラマでよく使われる場所だそうで、大河ドラマについての解説も多かったです。

○龍潭寺
 彦根駅から少し離れたところにあるお寺です。井伊家が佐和山城主だったときに深くかかわりがあったそうです。石田三成ゆかりの地でもあり、銅像が建っていたり、展示物もたくさんありました。夕方に行ったので、うす暗さや人気のなさもありとても入りにくい雰囲気だったのですが、中の枯山水のお庭がとてもきれいで良かったです。昔は寮としても使われていたらしく、どことなくそんな雰囲気を感じられました。
 三成に関する展示の中に、石田正宗と石田貞宗が写真付きで紹介されていました。写真は文化財指定でよく見られる白黒の写真でしたが、所蔵が個人名だったので、おそらく東京国立博物館に寄贈される前に書かれたもののようです。



○京都国立博物館
 今回の旅行のメインです。8時頃に京都駅からバスにのっていきました。意外とバスが混雑してなかったのですぐに京博に着きました。公開が始まって最初の日曜日だったので心配でしたが、すでに並んでいたのは30人ぐらいでした。寒さも心配でしたが、並ぶ場所は日がよく当たるので天気が良ければ問題ありません。9時ぐらいまではそこまで人が増えなかったように思います。
 チケットは年パスがあるので買う時間が省略でき、そこで順番が半分ぐらい前になりました。さらに前に並んでいた人の半分ぐらいが、音声ガイドを後回しにして展示室へ行ったので、音声ガイドは2番目にもらえました。そのため、刀剣の展示室は、ほぼ待ち時間なしで見ることができました。


主な刀剣

・薙刀直し刀 無銘(名物 骨喰藤四郎重要文化財、豊国神社蔵(京都)
 見るのは3度目になるので感想は割愛です。
・太刀 銘 安家 国宝
 すごく細身の印象です。全体的に銀色っぽく見えました。
・太刀 銘 貞綱 個人蔵
・太刀 銘 有綱 個人蔵
 木曽義仲が巴御前を手助けしたときに譲られたものという記録が残っているとのことです。昔の伝来が残っている刀は貴重ですね。幅広い刀だなと思いました。
・短刀 無銘(名物 上部當麻重要美術品、個人蔵
・剣 無銘
・太刀 菊御作 重要文化財
 鎺の部分に菊が彫られているとのことですが、よくわかりませんでした。
・太刀 銘 □前国則宗(名物 二ツ銘則宗重要文化財、愛宕神社蔵(愛知)
・太刀 銘 則国 国宝
 すごく細長かったです。

・短刀 銘 吉光(名物 秋田藤四郎重要文化財、個人蔵
 とても細くて小さい印象をうけました。吉光の短刀はたくさん見てきましたが、ここまで小さかったかなと思いました。剣が彫られているのは他の刀と似てるなと思いました。目釘穴が埋まっているのも含めて4つあるのが特徴あって良いと思います。
・短刀 銘 国吉 個人蔵
 こちらもとても小さくて細い印象をうけました。
・刀 金象嵌銘 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀 織田尾張守信長(名物 義元左文字重要文化、建勲神社蔵(京都)
 写真でみるのと実物を見るのでは、全然印象が変わるということがわかりました。
・太刀 銘 物部吉貞 個人蔵
 とても長いです。そのわりには茎が短めな印象です。
・刀 銘 吉行
 坂本龍馬が佩刀していたという刀です。とてもまっすぐでほとんど反りがないなと思いました。
・刀 銘 粟田口近江守忠綱 個人蔵
・刀 銘 長曾根虎徹入道興里
・刀 銘 長曾根興里入道乕徹 重要文化財、個人蔵
・太刀 銘 □忠(名物 膝丸・薄緑重要文化財、大覚寺蔵(京都)
 長く幅広い印象です。反りがかなりあるので古い刀なのだなと感じました。鉄鎺の影響で銘の上の文字がつぶれて読めなくなっているのが残念です。
・太刀 銘 国綱(名物 髭切・鬼切重要文化財、北野天満宮蔵(京都)
 10月に北野天満宮で見ましたが、膝丸と比べると細長い印象をうけました。



《感想》
 京都国立博物館は、外での待機列以外では待たずに見ることができてよかったです。人が多いのもありますが、待ち時間が長くなってしまうのは、展示の解説が多いのが一番影響しているかなと思いました。刀工、造り、伝来について細かく書いてあり、東京国立博物館の5倍10倍の文字量があります。私が展示室に入ったときは、先頭の人が半分ぐらいまでいったところでしたが、やはり進みは遅かったです。解説を読み終わらないうちに、前の人との距離が開いてしまい、詰めないといけない空気がありました。夕方がどの程度混んでるかわかりませんが、朝の半端な時間に行くより、後ろに人が少ない遅い時間のほうがいいかなと思いました。



《今回の一振》
 今回は刀をたくさん見ましたが、一番印象に残っているのは、義元左文字です。見た瞬間、すごく正宗っぽいと思いました。左文字は正宗十哲の一人なので影響がみえて当たり前なのかもしれないですが、こんなに正宗の作風を感じるとは思いませんでした。地鉄と樋がすごく好みです。磨上げられているからかなりアンバランスな印象をうけますが、写真で見るのとは違いとても迫力があります。こちらの記事でとりあげた、籠手切正宗と似た雰囲気を感じました。

 鬼切丸が北野天満宮で展示されるのを待っていたのですが、ちょうど琳派展と期間がかぶっていたので行ってきました。京都の刀剣乱舞ゆかりの地は5月におおむね行ってきたので、今回はその他の寺社がメインです。

《行った場所》
○京都国立博物館
 琳派展を開催中でした。土曜日ですが、少しの待ち時間で入ることができました。琳派については詳しく知らなかったので、行くことが決まってから勉強して行きました。予習をしてから行くと展示を見る楽しさがまったく変わります。今回初めて音声ガイドを利用したのですが、詳しく解説してくれるので利用して正解でした。
 刀については、本阿弥光悦つながりで、骨喰藤四郎と本阿弥光徳の刀絵図などが展示されていました。刀絵図は骨喰と、吉光の短刀4振(薬研、新身、親子、小乱)の押型が載ったページでした。刀匠の名前が載った書も展示されていましたが、行平や義弘があったのは読めました。
主な刀剣
・薙刀直シ刀 無銘 吉光(名物 骨喰藤四郎重要文化財、豊国神社蔵(京都)

○常照寺、光悦寺、源光寺
 琳派ゆかりの寺をめぐりました。京都の北の山の本阿弥光悦が住んでいた一帯です。山の中腹にあるため、光悦寺からの眺めがよかったです。時期が紅葉に少し早いぐらいでしたが、一部はすでに色づいていました。紅葉の時期の京都は本当に人がすごいそうなので、源光寺などはかなり混雑しそうです。

○龍安寺
 何度も行ったことがある場所ですが、細川勝元が所有していたと意識すると、刀剣的に見方が少し変わりました。朝早くだと人が少ないので、みんなが静かにじっと庭で座っている空気は心地よかったです。

○等持院
 足利氏にゆかりがあり、歴代将軍と徳川家康の木像を祀っています。小さい子供の姿の像や、成人なのに他と比べてあまりに小さい像など、足利氏に詳しくないので調べたくなりました。敷地はあまり広くないですが、庭園がとにかくきれいで驚きました。刀剣巡りを始めてお庭をたくさん見てきましたが、一・二を争うぐらいのきれいさだと思います。人が少ないのでじっくり見ていられます。

○北野天満宮・宝物殿
 期間限定展示の鬼切丸を見に行きました。宝物殿は普段毎月25日に公開されていますが、今は敷地内にある紅葉園が開園中のため、しばらくの間公開されているようです。25日は縁日が開催されるようで、とても混雑していました。屋台がたくさんでたり、骨董市が開かれていたりしました。刀や刀装具も売られていて見ていておもしろかったです。
主な刀剣
・太刀 銘 国綱(号 鬼切丸重要文化財
・太刀 銘 恒次 重要文化財
 800年祭に加賀前田綱紀が奉納。以後50年ごとに前田家当主が刀を奉納するようになったそうです。
 拵が水色の柄巻に水色の下げ緒で珍しい色だなあと思いました。
・太刀 銘 備州長船師光 慶永九年
 850年祭に前田重熙が奉納。
・太刀 銘 干時慶長十二打十一月日信濃守國廣造
       北野天満宮天神豊臣秀頼公造宮之時
 
○高桐院
 細川忠興が建て、墓が置かれいていあります。門から建物まで竹林の中を歩きますが、まさに幽玄という言葉が似合う雰囲気です。天気が良いはずなのに冷え冷えとしていました。庭もですが、建物の内装もおしゃれで見ていておもしろいです。


《感想》
 今回は刀の鑑賞は少なめでした。しかし本阿弥は刀剣鑑定も行っているし、細川・足利など刀剣の歴史を勉強していると出てくる人々の、ゆかりの地をたくさんめぐることができました。刀剣乱舞を始めるまで日本史を真面目に勉強してこなかったのもあって、歴史にとても疎いのですが、最近は勉強ができてとても良いと思います。細川幽斎や忠興も昔はまったく知らなかったのですが、勉強をすればするほどすごい人だったということがわかります。
 観光地は、よくわからず行くとただ見るだけになってしまいますが、歴史を知って意識しながら見るととても楽しめます。今回の琳派展もかるく勉強してから見てとてもよかったと思います。これからも各地に行くときは、歴史を勉強して予習をしてから行きたいと思います。


《今回の刀剣》
 今回は北野天満宮の鬼切丸です。安綱とあった銘が国綱に変えられたとのことで、確かに国の字がよめました。銘の改ざんは少なくないそうで、刀の伝来が正確に伝わることは、本当に奇跡的なことなのだなと思います。平安時代の刀らしくとても反っていました。刀身は全体的に黒っぽい印象です。









 京都の刀剣乱舞ゆかりの地を巡りました。刀の鑑賞は少なめです。

○三条大橋
刀剣乱舞ステージ6-2と合わせて夜に行きました。

○粟田神社・鍛冶神社
住宅地の高台にあり、景色がとてもよかったです。

○鞍馬寺・由岐神社・鞍馬山霊宝殿・貴船神社
源義経ゆかりの地であり、今剣ゆかりの地でもあるので登ってきました。なかなか険しい山道です。霊宝殿は義経について勉強でき、仏像の部屋もとても雰囲気がありました。
主な刀剣
  ・源義経佩刀の刀

○本能寺
市役所近くですが、建物に隠れていて場所がなかなかわかりませんでした。
主な刀剣
  ・太刀 無銘 三条宗近
  ・太刀 銘 国綱
  ・短刀 銘 来国光
  ・森蘭丸の陣太刀


《感想》
 鞍馬寺は刀関係なくとても良い場所でした。上まで行く人が少なかったのでもったいないなと思いました。
 本能寺は意外と刀が置いてあり、ゆっくりじっくり見られたのでよかったです。 今回、博物館にあまり行かなかったので、京博の特別展で何かあったときはまた行きたいです。

↑このページのトップヘ