川越は関東では鎌倉と日光についで3番目に文化財が多い街だそうです。特に刀の企画展示をしているわけではないのですが、まだ川越の博物館は行ったことがなかったのでどんなものが置いてあるのかと思い行ってきました。

≪行った場所≫
○川越歴史博物館
 重要文化財を多数所持している喜多院のすぐそばにあります。細長い建物で、一見お土産やのような外観です。個人で経営しているようで館長さんおひとりですが、他のお客さんがいないと展示について説明を受けることができました。
 刀や火縄銃、兜などを実際に持たせてもらえます。火縄銃がとても重かったので、そのあとに持った刀が軽く感じました。刀は拵え付きで反りが少ない短めのものだったのですが、刀が好きだと言ったら白鞘のものをもう一振出していただきました。そちらは70cmを超えて幅も広めでかなりずっしりときました。時代の変化による姿の変化、二代目と銘についてなど、おもしろい話をたくさん聞くことができました。
 ほかにも、川越藩は警備の仕事を担うことが多かったため、さすまたや時代劇でよく見る十手がたくさん展示されていました。十手は現在多くは残っていないそうで、確かにほかの施設だとあまり見ないなと思いました。
 展示ケースに入っているものも、見ていたら出して説明していただけました。特に魚の自在置物を持たせてもらったのですが、あまりにもリアルに動くので怖いと思ったぐらいです。なめらかな動きをするのがどういう仕組みかわからないのですが、館長さんも現代では作れない技術だと言っていたので本当に貴重なものなんだなと思いました。
 2・3階は照明が弱く見にくいものもあるのですが、甲冑が多く展示してありました。とくに馬の鎧と面はなかなか見ないものだったので興味深かったです。

 主な刀剣
 見せていただいた刀は誰の作か聞けなかったのですが、室町のものと江戸前期ごろのものだそうです。
・薙刀 銘 英義
 川越藩お抱えの刀工です。今回出ていませんでしたが、葵紋ちらしの拵えがあるそうです。今回拵えの展示が多かったのですが、他にも葵紋の入っているものがたくさんありました。
 


○川越市立博物館
 現在特別展として川越にある指定文化財の展示を行っています。建造物などはパネルで紹介されています。博物館自体の展示スペースはあまり広くないので展示物は多くありませんが、城下町のジオラマや蔵造の街並みの再現など、大きな展示物が多く少し変わった展示内容でした。川越も一度大火で街が燃えてしまった歴史があり、どの博物館に行ってもそうですが、大火事と戦火から復興して近代の街並みが作られたことがわかります。

・十文字槍 銘 大慶荘司直胤作之  応川越藩安井政章需於武陽東叡山辺文化九年仲春 川越市指定文化財



○川越城本丸御殿
 江戸時代に作られた本丸御殿が一部保存されています。装飾は全体的には少な目でシンプルですが、襖の引手が凝ったものでした。また、襖絵も描かれていてきれいです。一番大きな広間には、御手杵の鞘のレプリカ杵黒熊毛槍鞘が置かれていました。春に行われる春祭りで使われるそうですね。


≪感想≫
 今回はいつもと少し違った観光になりました。見たものは少ないですが、貴重なお話を聞くことができて勉強になったと思います。いつも刀を見に遠出をしていますが、行ったことのない身近な施設もたくさんあるので、今回のような博物館めぐりも良いかなと思いました。意外と東京などの身近な神社やお寺は全然行ったことがなかったので、そういった場所を見るのもしたいなと思いました。


≪今回の一振≫
 歴史博物館に、戦時中鉄を提供するためなくなった刀の茎と切っ先が展示されていました。このように一部分だけ残すのもきっとすごく残念だっただろうなというのが感じられます。館長さんとのお話の中で文化財保護の話が出ましたが、良いものほど海外に持っていかれて日本にはほとんど残っていないことを言っていました。展示では戦火で焼けてボロボロになった刀も展示されていました。こういった文化財から見た日本の歴史も、刀に興味を持たなかったらまったく考えることがなかったんだなと考えると、現在の状況にも向き合いたいなと思いました。
DSCF3745
DSCF3746
DSCF3743