鬼切丸が北野天満宮で展示されるのを待っていたのですが、ちょうど琳派展と期間がかぶっていたので行ってきました。京都の刀剣乱舞ゆかりの地は5月におおむね行ってきたので、今回はその他の寺社がメインです。

《行った場所》
○京都国立博物館
 琳派展を開催中でした。土曜日ですが、少しの待ち時間で入ることができました。琳派については詳しく知らなかったので、行くことが決まってから勉強して行きました。予習をしてから行くと展示を見る楽しさがまったく変わります。今回初めて音声ガイドを利用したのですが、詳しく解説してくれるので利用して正解でした。
 刀については、本阿弥光悦つながりで、骨喰藤四郎と本阿弥光徳の刀絵図などが展示されていました。刀絵図は骨喰と、吉光の短刀4振(薬研、新身、親子、小乱)の押型が載ったページでした。刀匠の名前が載った書も展示されていましたが、行平や義弘があったのは読めました。
主な刀剣
・薙刀直シ刀 無銘 吉光(名物 骨喰藤四郎重要文化財、豊国神社蔵(京都)

○常照寺、光悦寺、源光寺
 琳派ゆかりの寺をめぐりました。京都の北の山の本阿弥光悦が住んでいた一帯です。山の中腹にあるため、光悦寺からの眺めがよかったです。時期が紅葉に少し早いぐらいでしたが、一部はすでに色づいていました。紅葉の時期の京都は本当に人がすごいそうなので、源光寺などはかなり混雑しそうです。

○龍安寺
 何度も行ったことがある場所ですが、細川勝元が所有していたと意識すると、刀剣的に見方が少し変わりました。朝早くだと人が少ないので、みんなが静かにじっと庭で座っている空気は心地よかったです。

○等持院
 足利氏にゆかりがあり、歴代将軍と徳川家康の木像を祀っています。小さい子供の姿の像や、成人なのに他と比べてあまりに小さい像など、足利氏に詳しくないので調べたくなりました。敷地はあまり広くないですが、庭園がとにかくきれいで驚きました。刀剣巡りを始めてお庭をたくさん見てきましたが、一・二を争うぐらいのきれいさだと思います。人が少ないのでじっくり見ていられます。

○北野天満宮・宝物殿
 期間限定展示の鬼切丸を見に行きました。宝物殿は普段毎月25日に公開されていますが、今は敷地内にある紅葉園が開園中のため、しばらくの間公開されているようです。25日は縁日が開催されるようで、とても混雑していました。屋台がたくさんでたり、骨董市が開かれていたりしました。刀や刀装具も売られていて見ていておもしろかったです。
主な刀剣
・太刀 銘 国綱(号 鬼切丸重要文化財
・太刀 銘 恒次 重要文化財
 800年祭に加賀前田綱紀が奉納。以後50年ごとに前田家当主が刀を奉納するようになったそうです。
 拵が水色の柄巻に水色の下げ緒で珍しい色だなあと思いました。
・太刀 銘 備州長船師光 慶永九年
 850年祭に前田重熙が奉納。
・太刀 銘 干時慶長十二打十一月日信濃守國廣造
       北野天満宮天神豊臣秀頼公造宮之時
 
○高桐院
 細川忠興が建て、墓が置かれいていあります。門から建物まで竹林の中を歩きますが、まさに幽玄という言葉が似合う雰囲気です。天気が良いはずなのに冷え冷えとしていました。庭もですが、建物の内装もおしゃれで見ていておもしろいです。


《感想》
 今回は刀の鑑賞は少なめでした。しかし本阿弥は刀剣鑑定も行っているし、細川・足利など刀剣の歴史を勉強していると出てくる人々の、ゆかりの地をたくさんめぐることができました。刀剣乱舞を始めるまで日本史を真面目に勉強してこなかったのもあって、歴史にとても疎いのですが、最近は勉強ができてとても良いと思います。細川幽斎や忠興も昔はまったく知らなかったのですが、勉強をすればするほどすごい人だったということがわかります。
 観光地は、よくわからず行くとただ見るだけになってしまいますが、歴史を知って意識しながら見るととても楽しめます。今回の琳派展もかるく勉強してから見てとてもよかったと思います。これからも各地に行くときは、歴史を勉強して予習をしてから行きたいと思います。


《今回の刀剣》
 今回は北野天満宮の鬼切丸です。安綱とあった銘が国綱に変えられたとのことで、確かに国の字がよめました。銘の改ざんは少なくないそうで、刀の伝来が正確に伝わることは、本当に奇跡的なことなのだなと思います。平安時代の刀らしくとても反っていました。刀身は全体的に黒っぽい印象です。