香川県立ミュージアムと岡山県立博物館の展示を合わせて行ってきました。もっと時間があったらいろいろ足をのばしたい場所があったのですが、今回はこの二か所がメインです。

《行った場所》
○香川県立ミュージアム
 香川県は2回目ですが高松は初めてです。今回も岡山から電車でしたが、一本で行けるうえにそこまで時間がかからないのでとても便利だなと思います。高松駅は海沿いにあり、電車から降りた瞬間から潮の香を感じました。今回はちょっと離れたところに行くこともあり、レンタルサイクルを利用しました。6時間100円、それ以上でも200円という安さです。
 県立ミュージアムは思っていたよりも刀剣がたくさん展示されていて、さらに解説がわかりやすくてよかったです。目録兼解説シートもとても充実していてすばらしいと思います。3階にある常設展は、入ってすぐの古代の展示のセットが臨場感ありすぎて驚きました。とてもビルの中とは思えないクオリティです。それ以降の時代の展示や出てからの映像ギャラリーなど、映像作品が多く、すべて見ようと思うとかなりの時間がかかると思いました。
主な刀剣
・脇指 無銘 貞宗(名物 切刃貞宗
 再刃されているので刃文がちょっと違和感を感じますが、貞宗とわかる姿をしていました。
・脇指 無銘 青江(名物 ニッカリ青江重要美術品、丸亀市立資料館蔵(香川)
 見るのは2回目ですがやはり好みな形をしています。前回のときより少し印象が変わったので、やはり展示場所によって大きく変わるなということを感じました。
・刀 無銘 伝郷義弘(号 芦葉江香川県指定有形文化財、高松市歴史資料館蔵(香川)

・刀 無銘 則長
・刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠廣
・脇指 銘 長曾禰興里入道乕徹
 直刃すぎて定規で線を引いたようなまっすぐさだなと思いました。
・太刀 銘 真守造 重要文化財
 平安らしい形をしています。切っ先のほうの刃文がとても派手になっていました。
・刀 無銘 景光
 蛙子丁字の刃文でも、一つ一つが小さいとそこまで派手な印象はうけません。
・刀 銘 一竿子忠綱彫同作
 刃文の動きが彫物と調節されて作られているのが、今まで意識したことがなかったのでおもしろいなあと思いました。
・脇指 銘 加賀守藤原包高
・刀 銘 讃州住盈永 寛政九丁己年二月於高松城西丸鍛之 高松市指定有形文化財
・脇指 銘  讃州住盈永 寛政九丁己年八月鍛之 高松市指定有形文化財
・刀 銘 早勝美濃守藤原盛光 讃州丸亀士慰作


○玉藻公園
 元高松城があった場所で現在は櫓や石垣などが残っています。天守があった場所へは、一つの橋を使わないといけない造りになっていて趣がありました。今後天守が再建されたり展示が増えたりすると楽しめそうだなと思いました。

○平家物語歴史館
 駅から少し離れたところにある博物館ですが、おもしろそうだったので行ってきました。ネットで事前に訪れることを伝えておくと200円値引きしてくれます。3時間前に予約しましたが問題ありませんでした。
 とてもコアな施設で、建物の外観からすでに気軽に入りにくい雰囲気を醸し出しています。日本最大のろう人形館ということで、一階で四国出身の偉人を紹介し、二階で平家物語の流れを展示していました。全体的に不気味な雰囲気なのですが、二階にあがってすぐの一の谷の合戦の再現が、とにかく迫力があってすごいです。これを見ただけで入ってみてよかったと思いました。最後の最後に、怖がらせる目的としか思えないろう人形が置かれていました。正直一人で入っていたらゆっくり見てられなかったと思います。


○備前長船刀剣博物館
 前回岡山を訪れたときは時間がなくて断念したので、今回初めて訪れました。思っていたよりも純粋に観光地としてにぎわっていました。刀工の方による鍛えも見学することができました。今まで博物館の展示で工程は何度も学んできましたが、想像以上に迫力があり手間がかかる作業だというのを感じました。音も火花も実際に近くで見ないとまったく理解できないものです。やはりもっと最初の頃に見ておきたかったなと思いました。
 主な刀剣
・太刀 銘 於富士浅間大社宗景勤作 昭和三年十一月吉日影打 献上官幣大社浅間神社
・小太刀 銘 吉房
・刀 無銘 大宮
・太刀 銘 備州長船盛光 応永十二年十月日
・刀 備州長船忠光 文明二年二月日
 茎が短いのは片手で扱うからとあり、とても納得です。まだ全然知らないことがあるなと思いました。
・刀 備前国住長船清光 永禄十三年二月日
・脇指 銘 備前国住長船七兵衛尉祐定作
 蟹爪風の刃文が本当に蟹の爪そっくりで好みな刃文でした。
・刀 備前長船住横山俊左衛門藤原祐包 天王原八幡宮於神前作之 慶応二年八月日 友成五十八代孫
・刀 無銘 伝長守
・脇指 折返銘 備州長船則光
・刀 銘 越前住日向守藤原貞次
・刀 銘 備前国(以下切れ) (切付銘)立袈裟立胴籠都畄倍 唐竹肩興利腰満傳
 籠都畄倍でカゴから水が流れ落ちるように切れたという意味だそうで、切れ味を表す良い方もたくさんあるんだなと思いました。
・太刀 銘 国吉
・脇指 銘 播磨大掾藤原重高 越前住
・脇指 銘 備州長船忠光 永正五年八月日
・刀 明 鍛同作 大宝子月仙(花押)昭和十七年六月日 於濃州関昭和刀禁鍛 以記念作之
          他多数

○岡山県立博物館
 こちらも今回初めて訪れました。そこそこ広さはありますが、展示数はそこまで多くないので全部じっくり見ても意外と早く見終わりました。目録などの紙の資料がとても多く用意されていて、展示してあるものについても詳しく説明されているので親切な設計だなと思いました。刀剣の展示場所にあった備前・備中・美作の刀工系譜画像もわかりやすくて良いなと思っていたので紙でいただけたのはうれしいです。
主な刀剣
・刀 銘 備州長船祐定作 永正十二年二月日
・太刀 銘 則宗 重要文化財
・太刀 無銘 一文字(名物 山鳥毛国宝、個人蔵
 刃文が摩訶不思議すぎてわけがわからないという印象です。思っていたよりもとっちらかっているような感じはうけず、純粋にきれいだなあと思いました。すごいのは分かるけど、常軌を逸しすぎると言葉にできないというような感じです。
・太刀 銘 長光  重要文化財
 これぐらいのちょっと派手な刃文のほうが好みでした。
・太刀 銘 真守
 幅が広くなり、前の三作と比べると時代が変わったのがよく分かりました。
・刀 無銘 長義 個人蔵
・刀 銘 彦兵衛尉祐定・与三左衛門尉祐定 個人蔵
・刀 三原兵衛尉祐定 永禄十二年二月日


《感想》
 今回もとてもたくさんの刀を見ることができました。たくさん見られるのはとてもうれしいのですが、記録はとても全部書き出せないので複雑です。いつも見て感じたことはメモに残しているのですが、備前長船刀剣博物館では数が多かったためかメモも少なめでした。岡山は次は夏に林原美術館が刀剣展示をするそうですね。せっかくなのでまた周りの県に足をのばせたらなと思います。


《今回の一振》
 今回は迷いましたが香川県立ミュージアムの芦葉郷です。郷の刀はそこまで多く見ているわけではないので、これだけ解説が手元にしっかりあって、さらにじっくり見られるのはとても良かったです。今回の展示は刃文の見方についてもあるため、とても見やすくなっているように感じました。個人的には直刃よりこれぐらいの変化がある刃文が好みです。反りが強いため実際よりも長く感じます。また、かなり幅が広めだなと思いました。これだけでも作られた時代が推察できるので楽しいです。