都内で現在見られる刀剣の展示をいろいろ行ってきました。刀以外の展示もたくさん見られて楽しかったです。

《行った場所》
○サントリー美術館
 六本木駅の東京ミッドタウンの3階にある美術館です。知ってはいましたが初めて行きました。
 今回は手箱を中心とした展示に、その中に収められていたもの、箱に描かれた模様、手箱と同じように宝として扱われた神宝などが展示されていました。熱田神宮所蔵のものもたくさんありましたが、今まであまり見たことがない類の展示品でおもしろかったです。
主な刀剣
・太刀 銘 光忠 重要文化財、出雲大社蔵(島根県)
 身幅はあまり広くなく、どちらかというと細めでバランスの良い刀です。銘は茎尻のところにしっかりと見られました。刃文は派手すぎず全体的に上品さが感じられる姿の刀です。


○泉屋博古館分館
 同じく六本木にある博物館で、住友財閥のコレクションを展示する施設です。以前は三井記念美術館に行きましたが、都内のこういった施設は刀剣の展示を見に行き始めるまではまったく無縁の場所だっただけに、行くたびに新しい世界を知ったような気がしておもしろいです。
 今回は兵庫県の黒川古文化研究所の刀剣も展示されていますが、前回行ったときには見られなかった刀も多かったのでとてもよかったです。いつもは所蔵刀剣以外のものについて所蔵施設を書くのですが、今回は黒川古文化研究所蔵のものがほとんどなので、泉屋博古館蔵の刀剣のみ、そのように書きます。
主な刀剣
・太刀 銘 守家造 泉屋博古館蔵(東京)
 鎺がとてもおしゃれで見入ってしまいました。
・刀 銘 慶長九年十一月吉日 信濃守国広作 依賀茂祝重邦所望打之 重要文化財
・刀 無銘 伝来国光 
 肌やバランスなどがとても好みな姿です。
・太刀 銘 大和則長作 重要文化財
 解説の砂流しがわかりやくよく見えました。打ちのけもはっきりわかります。
・太刀 銘 為清 
・太刀 銘 国友 
・太刀 銘 国光 重要文化財
・短刀 銘 吉光 
・短刀 銘 来国俊 国宝
 振袖形の茎がすごく特徴的です。隣に展示してある吉光の短刀と比べて無骨な印象をうけました。
・短刀 銘 来国光
・太刀 銘 包平
 包平の刀をあまり見たことがなかったので、ちょっと意外な姿に感じました。早く東博で大包平が見られるといいなと思います。
・太刀 銘 正恒
・太刀 無銘 菊御作 重要文化財
・太刀 銘 宗吉作
・太刀 銘 一 重要文化財
・太刀 銘 国宗
・太刀 銘 真守
・太刀 銘 備前国長船住景光 □□元年□月日 重要文化財
・短刀 銘 備州長船兼光 延文三年卯月日 泉屋博古館蔵
・太刀 銘 備州住長船康光 泉屋博古館蔵
・短刀 銘 備州長船賀光 文明十七年八月日 泉屋博古館蔵
 初めて見る名前です。両刃造りの短刀ということでとてもおもしろい姿をしています。
・太刀 銘 包次 重要文化財
 こちらもかなり独特な姿をしてるなと思いました。
・太刀 銘 守恒
・短刀 銘 鎌倉住新籐五国光 法名光心 正和二二年□月十日
 以前黒川古文化研究所に行ったときにも見ましたが、とても好きです。まっすぐな刃文を見てると心が洗われるような気がします。
・刀 無銘 伝行光 重要文化財
・刀 無銘 伝行光 重要文化財
・刀 無銘 伝当麻
・刀 無銘 伝長谷部国重 重要文化財
 すごく大きくてびっくりしました。いかにも大太刀を摺り上げたような姿です。
・短刀 無銘 貞宗(名物 伏見貞宗国宝
 以前も見ましたがやはり上品さが素敵です。貞宗の短刀を久しぶりに見たからか、こんなに大きかったかなと記憶との差もありました。
・脇指 無銘 郷義弘(名物 籠手切郷
         他多数

《感想》
 2つの施設が思っていたより近くにありました。今回は暑かったのもあり電車で行きましたが歩いて行ける距離です。どちらも刀専用の施設でないにもかかわらずとても見やすい展示で良かったです。都内にたくさんある美術館は、刀剣を所蔵していてもあまり展示する機会が多くないので、こういったチャンスは逃さず見に行きたいなと思います。


《今回の一振》
 今回は行光の刀です。2振あってかなり作風が違いますが、後に展示されている26番のものがとても好みの刀でした。行光自体あまり見る機会が多くないので新鮮でよかったです。25番はどことなく正宗を彷彿とさせましたが、26番は比べるとかなり細身で上品さがありました。