《行った場所》
○長浜城
 2日目は長浜観光から始めました。駅前はきれいに整備されていて、観光に力を入れ始めたところという雰囲気を感じました。長浜城は公園の中にありますが、桜がとてもきれいでした。城内はあまり広くありませんが、展示は見やすくそこそこボリュームがあり、天守からの眺めが琵琶湖も見えてとてもきれいで良かったです。


○名古屋市博物館
 常設展の展示の仕方はシンプルですが、大きな展示物もあって展示量はそこそこ多い気がします。戦国時代周辺については名古屋城に展示がたくさんあるので、それ以外の時代をまんべんなく紹介していました。各地方の博物館に行くと、中心的に紹介する時代がまったく違うのでおもしろいなと思います。
主な刀剣
・太刀 銘 行平作 重要文化財
 比べていませんが、前日に見た東博の行平とほぼ同じ姿かなと思いました。行平は全体的にとてもわかりやすい姿だと感じます。
・刀 銘 飛騨守藤原氏房
・脇指 銘 飛騨守藤原氏房 個人蔵


○徳川美術館 
 いつもの刀剣展示場所ですが、粟田口大集合ということで、特集展示が行われています。たくさん刀を持っている徳川美術館だからこそできる展示内容だなと思いました。同じ時代、同じ地方の刀を比較して見るのはとても勉強になるので、他の施設でもやってほしいです。
主な刀剣
・短刀 銘 久国
・刀 無銘 国安 重要美術品
・太刀 銘 国綱 重要文化財
・剣 銘 国吉 重要美術品
 地鉄のきれいさが好みです。国吉は数をあまり見ないのでもっと見たいなと思います。
・脇指 銘 吉光(名物 鯰尾藤四郎
・短刀 銘 吉光(名物 後藤藤四郎国宝
 見るのは2回目ですが長さがあるのと乱れているのとで、ぱっと見では吉光っぽくない姿だなと感じました。ただ、刃文もそこまで派手な印象はうけない落ち着いた刃文だと思います。
・短刀 銘 吉光(名物 包丁藤四郎重要美術品
・短刀 無銘 吉光(名物 無銘藤四郎
・短刀 銘 吉光
・刀 無銘 左国弘 


《感想》
 名古屋市博物館はずっと気になっていましたが、今回重要美術品の行平の太刀が出るということで行くことができました。市町村立の博物館は必ずあるものではありませんが、その土地を知るうえでおもしろい展示内容が多いので、できる限り行きたいなと思います。


《今回の一振》
 今回は初めて見る無銘藤四郎です。来国俊と間違えられていたそうですが、どちらもなめらかな地鉄を持っているので好きです。