九州国立博物館の特別展を見るために、福岡に行きました。朝、東京国立博物館へ行ってからの旅行日程です。

《行った場所》
○東京国立博物館
鳥獣戯画展が開催中でした。混雑を危惧して朝7時に到着しましたが、すでに多くの方が並んでいます。しかし早く行ったおかげで、中にはすぐに入れました。イベントで並ぶことには慣れていますが、人の多さよりも進みの遅さが問題です。大した人数ではないのに、見るまで1時間ぐらいかかりました。特別展を見た後は時間のゆるす限り刀剣の展示を見ていました。
主な刀剣
  ・太刀 銘 三条(名物 三日月宗近国宝
  ・刀 無銘 貞宗(名物 亀甲貞宗国宝
  ・短刀 銘 則重 重要美術品
  ・太刀 銘 吉包 重要文化財
  ・太刀 無銘 (号 北条太刀重要文化財
  ・太刀 銘 光忠 重要文化財
  ・太刀 銘 定(以下切)重要文化財
  ・太刀 銘 大和則長 重要文化財       他多数

○太宰府天満宮・宝物殿
宝物殿は朝早かったのもあってか人が少なくのんびり見られました。
主な刀剣
  ・毛抜形太刀 重要文化財
  ・短刀 銘 村正
  ・太刀 銘 豊後国行平作
  ・太刀 銘 信国         他多数

○九州国立博物館
「小松コレクション」の公開と特別展「戦国大名」を開催中でした。
主な刀剣
  ・太刀 銘 左筑州住(名物 江雪左文字国宝/ふくやま美術館蔵(広島)  
  ・短刀 銘 左筑州住(名物 太閤左文字国宝/ふくやま美術館蔵
  ・短刀 銘 国光(名物 会津新籐五国宝/ふくやま美術館蔵
  ・太刀 銘 正恒 国宝/ふくやま美術館蔵
  ・太刀 銘 則房 国宝/ふくやま美術館蔵
  ・太刀 銘 国宗 国宝/ふくやま美術館蔵
  ・短刀 銘 吉光 国宝/立花家史料館蔵(福岡)   
  ・太刀 銘 康次 国宝/光ミュージアム蔵(岐阜)
  ・脇差 無銘 (号 雷切丸)立花家史料館蔵
  
○福岡市博物館
今回は特別な刀剣の展示はありませんでした。展示される機会を狙ってぜひまた来たいと思います。
  ・大身槍 (名物 日本号

○住吉神社

○櫛田神社

○福岡城
運動ができる公園になっていました。展示物はあまり多くありませんでしたが、近年になって発掘調査が進んでいるそうなので楽しみです。施設の方々がとても熱心に話してくださいました。


《感想》
 九州国立博物館の展示は、本当にすごい刀ばかりでした。刀剣の展示場所だけ老若男女人がたくさんいて、他の展示室とは異色な雰囲気でした。 今回展示されていた刀剣が出ていた、ふくやま美術館の図録の見本が置いてありましたが、九州国立博物館でも販売していたらよかったなと思いました。
  このとき東京国立博物館で展示されていた亀甲貞宗は特に気に入り、展示されている間中何回も足を運びました。年間パスポートは何回も見たいときにとても助かります。難しいとは思いますが、他の博物館や美術館にもあったら良いなと思いました。


《今回の一振》DSCF2070




















今回は、東京国立博物館の亀甲貞宗です。これは本当に気に入り、この後何度も訪れたくさん写真を撮ってきました。鉄の黒さや、刃文、樋のかたち、切っ先の丸っこいところ、名前の元になった茎の亀甲模様など、好きなポイントがたくさんあります。

DSCF2071
DSCF2149DSCF2155