刀剣巡礼覚書

日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて聖地巡礼をしつつ全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。

墨田区両国駅にある江戸東京博物館で開催された、大関ヶ原展に行ってきました。

《行った場所》
○江戸東京博物館(東京・墨田区)
 主な刀剣 
  ・太刀 銘 一 (号 姫鶴一文字) 重要文化財/米沢市立上杉博物館蔵(山形)
  ・薙刀直し刀 無銘 吉光 (名物 骨喰藤四郎) 重要文化財/豊国神社蔵(京都)
  ・太刀 銘 国行 重要美術品/個人蔵
  ・槍 銘 藤原正真作 (号 蜻蛉切) 静岡県指定文化財/個人蔵・佐野美術館寄託(静岡)
  ・太刀 銘 国俊 (名物 鳥養国俊) 重要美術品/徳川美術館蔵(愛知)
  ・刀 無銘 正宗 (名物 石田正宗) 重要文化財/東京国立博物館蔵(東京)
  ・短刀 銘 吉光 (名物 包丁藤四郎) 重要美術品/徳川美術館蔵(愛知)


《感想》
 開館1時間前に到着して並んだおかげで、開館してからはほぼ待たずにスムーズに見られました。優先して刀を見たので、比較的人が少ない状態でじっくり見ることができたと思います。
 特別展のあとは常設展を見ましたが、初めて来たこともありとても楽しめる盛りだくさんな展示内容でした。


《今回の一振》
 その日見た中で特に印象に残ったものがあった場合は書いていきたいと思います。
 今回は骨喰藤四郎です。これを見に来たからというのもありますが、彫刻がすごく細かくて驚きました。とても印象に残っています。

 このBLOGは、DMMゲーム「刀剣乱舞」から日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。
 日本刀については一から勉強を始めているため、間違った知識を書かないためにも、見たものをそのまま記録いたします。表記のぶれに関しては、各施設に準拠したものになっています。

 刀に関係ない施設に関しては、刀を見に行く際の参考になればと思いのせております。各地に足を運び満喫していただく足がかりになれば幸いです。


(H27.9.27)

↑このページのトップヘ