刀剣巡礼覚書

日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて聖地巡礼をしつつ全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。

 観光をメインに仙台へ行き、たまたま刀剣も見ることができました。

《行った場所》
○仙台市博物館
刀剣
  ・太刀 銘 宝寿 □慶二年八月日
  ・刀 無銘 伝月山
  ・剣 銘 (表)山城大掾藤原国包 寛永十八年七月吉日
       (裏)山城子源二郎国包

○仙台城跡、宮城県護国神社

○青葉城資料展示館
刀剣
  ・刀 銘 山城大掾藤原国包
  ・刀 銘 月山

○大崎八幡宮

○山寺
仙台駅から仙山線で行きました。


《感想》
 仙台市博物館が楽しくて3時間ほど滞在したため、瑞鳳殿に行く時間がなくなってしまいました。夕食は仙台駅の居酒屋「安土」に行き、刀剣の名前のカクテルをおいしい料理と一緒にいただきました。他にも審神者らしき方がたくさんいらっしゃってとても良い雰囲気のお店です。
 山寺は刀剣と関係ありませんが、天気が良いと景色も良くとてもすばらしい場所でした。

《行った場所》
○熱田神宮
主な刀剣
  ・太刀 銘 宗吉作 重要文化財
  ・太刀 銘 長光 重要文化財    他多数
 このとき鑑賞した記録をすべてとっていませんでした。

○白鳥庭園
 熱田神宮から徒歩で行けるきれいな庭園です。

○徳川園
 徳川美術館の隣にある大きな庭園です。

○徳川美術館
刀剣
  ・太刀 銘 国行 重要文化財
  ・脇指 銘 吉光(名物 鯰尾藤四郎
  ・刀 銘 信国
  ・短刀 銘 久国
  ・太刀 銘 直綱

○名古屋城
企画展で尾張にある名刀展を開催中でした。
刀剣
  ・刀 (金象嵌銘)了戒/個人蔵
  ・太刀 銘 兼延 文亀二年五月吉日/個人蔵
  ・刀 銘 飛騨守藤原氏房/個人蔵 
  ・刀 無銘 備前守家/個人蔵
  ・短刀 銘 備前國住長船勝光 大永六年二月吉日/個人蔵
  ・脇差 銘 和泉守藤原兼定/個人蔵
  ・短刀 銘 正信/個人蔵
  ・肥前國陸奥守藤原忠吉/個人蔵
  ・脇差 銘 伯耆守平朝臣正幸 寛政五年丑八月日/個人蔵
         



《感想》
 1日で見て回れる距離にありすべての施設があり、とてもたくさんの刀を鑑賞することができました。
 名古屋城の展示は解説がたくさんあり、撮影もOKだったので、後から見返して勉強するのにとても役立ちました。目録が置いてある場所は、メモを取る手間がなくじっくり鑑賞できるのでとてもありがたいです。


《今回の一振》
 写真が撮れる施設があった場合は、その中から優先して選びたいと思います。読んでいる方にわかりやすいのと、自分も思い出しやすいからです。
 今回は、名古屋城で見た、飛騨守藤原氏房の刀です。拵がシンプルだけれどオシャレでよかったです。

DSCF1921DSCF1922

















DSCF1924

墨田区両国駅にある江戸東京博物館で開催された、大関ヶ原展に行ってきました。

《行った場所》
○江戸東京博物館(東京・墨田区)
 主な刀剣 
  ・太刀 銘 一 (号 姫鶴一文字) 重要文化財/米沢市立上杉博物館蔵(山形)
  ・薙刀直し刀 無銘 吉光 (名物 骨喰藤四郎) 重要文化財/豊国神社蔵(京都)
  ・太刀 銘 国行 重要美術品/個人蔵
  ・槍 銘 藤原正真作 (号 蜻蛉切) 静岡県指定文化財/個人蔵・佐野美術館寄託(静岡)
  ・太刀 銘 国俊 (名物 鳥養国俊) 重要美術品/徳川美術館蔵(愛知)
  ・刀 無銘 正宗 (名物 石田正宗) 重要文化財/東京国立博物館蔵(東京)
  ・短刀 銘 吉光 (名物 包丁藤四郎) 重要美術品/徳川美術館蔵(愛知)


《感想》
 開館1時間前に到着して並んだおかげで、開館してからはほぼ待たずにスムーズに見られました。優先して刀を見たので、比較的人が少ない状態でじっくり見ることができたと思います。
 特別展のあとは常設展を見ましたが、初めて来たこともありとても楽しめる盛りだくさんな展示内容でした。


《今回の一振》
 その日見た中で特に印象に残ったものがあった場合は書いていきたいと思います。
 今回は骨喰藤四郎です。これを見に来たからというのもありますが、彫刻がすごく細かくて驚きました。とても印象に残っています。

 このBLOGは、DMMゲーム「刀剣乱舞」から日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。
 日本刀については一から勉強を始めているため、間違った知識を書かないためにも、見たものをそのまま記録いたします。表記のぶれに関しては、各施設に準拠したものになっています。

 刀に関係ない施設に関しては、刀を見に行く際の参考になればと思いのせております。各地に足を運び満喫していただく足がかりになれば幸いです。


(H27.9.27)

↑このページのトップヘ