刀剣巡礼覚書

日本刀の鑑賞にはまった審神者が、刀を求めて聖地巡礼をしつつ全国を巡った記録を書き連ねたものです。各地の博物館、美術館の情報は当時のものです。

天下五剣の一つ、童子切安綱の展示が今日まででしたので最後に行ってきました。
今まで平日の夜に行っていたのですが、1・2月は金曜も17時までだったのですっかり行き損ねていました。3月からはまた開館時間を延長していただけるので、また頻繁に訪れられそうです。
前回の獅子王展示のときの記録を書き忘れていたので、一緒に書いておきます。

《行った場所》
○東京国立博物館
・太刀 銘 安綱(名物 童子切安綱国宝
・太刀 銘 正恒 重要文化財
・太刀 銘 久国(花押)国宝、文化庁蔵
 長めの刀身に比べて茎が少し短めですが、見た目のバランスが良い感じでした。解説で刃文が上品とかかれていましたが、確かにそんな印象です。
・太刀 銘 一(号 今荒波重要文化財
 刃文が見やすいように研がれているからか、一文字らしい刃文がわかりやすくて良かったです。
・太刀 銘 備前国長船住人平真長造 嘉元三年十月日
・刀 金象嵌銘 城和泉守所持 正宗磨上 本阿(花押) 国宝 
 東京国立博物館に来ると毎回正宗か貞宗の刀が置いてある気がしますが、こちらも無銘で金象嵌銘でした。正宗の中でものたれが大きめの刃文でしょうか。やはり厚みがある印象を受けました。
・短刀 銘 相州住秋広 応安三 重要美術品大倉集古館蔵(東京)
 大倉集古館は多くの刀剣を所蔵していますが、残念ながら現在長期の改装工事中です。昨年調べたときは既に工事していたので、このように他の施設に委託して展示していただけるととてもうれしいです。撮影禁止でしたが、短刀ながらすごく難しそうな刃文をしていて見応えがありました。

・太刀 銘 兼氏 重要文化財個人蔵
 幅が広くて峰が大きくてかなり攻撃力がありそうな刀だなと思いました。
・太刀 銘 備州長船盛光 応永廿三年八月日
 こちらも幅が広いですが、峰が小さめで丸い印象を受けます。刃文はすごくくっきりと見えて豪快でした。
・刀 銘 国安 重要文化財
・刀 銘 貞享元年十月吉日 奥州岩城平住人 (菊紋)根本和泉守藤原国虎

・太刀 銘 吉家作
・太刀 銘 一(号 上杉太刀国宝
・太刀 銘 国広 重要文化財、金剛峯寺蔵(和歌山)

前回の展示期間中に2階展示室で見られたもの
・太刀 無銘(号 獅子王重要文化財
 かなり反りがあり、腰反り高いというのはこういうことだなわかりました。
・太刀 銘 助真 国宝
・脇指 無銘 貞宗(号 石田貞宗重要文化財
 

《感想》
 今回童子切を見られたおかげで、天下五剣も残り鬼丸国綱のみとなりました。さすがになかなか見られないものだとは思いますが、いつかどこかで展示されたらぜひ見に行きたいです。今まで見た4振の中では、個人的にがっちりした武骨っぽい印象の刀が好きなので大典太が一番好みかなという感じです。
 最初に刀を見に行ったのがちょうど一年ぐらい前なのですが、なかなか刀剣の美術的評価基準というものは理解できていません。極めようと思っているわけではないので、今までどおりふらっと見に行ってちょっとずつ理解できれば良いかなと思います。東京国立博物館の来年度の年間展示予定も出ました。他の施設についても、この一年間よりは行く頻度が落ちるとは思いますが、行きたいと思ったところには積極的に行きたいと思います。


《今回の一振》
 今回は童子切安綱です。刃文は今回見られた他の刀よりすこし見ずらい感じでしたが、直刃と小互の目がわかりました。銘がかなり鎺よりに彫られているなと気になりました。銘は意外ときれいに残っていて、読みやすくてよかったです。厚みはあまりなくて反りが高く、平安らしい刀だなと思いました。

DSCF3381
DSCF3382
DSCF3383
DSCF3403


 福岡市博物館で国宝の日光一文字の展示を見に行き、熊本の島田美術館の刀剣展と期間がかぶっていたので、合わせて行ってきました。


《行った場所》
○福岡市博物館
 3回目の今回は、福岡空港から地下鉄藤崎駅まで直行してみました。駅から博物館までは15分ほど歩きますが、まっすぐなので道に迷うことはなかったです。今回は前回のへし切長谷部を見に行ったときほどの混雑はありませんでした。特別展のアール・ヌーヴォ展を見に来ている方が多かったです。刀の展示してある企画室はゆったりと見られました。

○主な刀剣
・槍 無銘(名物 日本号
・太刀 無銘(名物 日光一文字国宝
 一文字派の刀は、文化財登録されているものが多く展示されていますが、国宝の刀は岡田切などの吉房作のものしか見たことなかったので、どうしても見たいと思いました。福岡市博物館ではくっきり刃文を見せる細かい研ぎはしていないのか、自然な感じの刃文を見られました。変化にとんで不規則なので、特徴があってわかりやすいですが同じものを作るのは難しそうだなと感じました。無銘ですが一文字の刀だとわかりやすいものだと思いました。



○島田美術館
 福岡から熊本への移動は、天神からの高速バスを使いました。2人だったので往復券買って分けることで、安く行けます。熊本城近くのバスターミナルから、島田美術館まではバスで行きました。あまり本数が多くないので、時間を見て別の行き方のほうが良いこともあるかもしれません。美術館はかなり急な坂を上ったところにあり、車で来る人が多いからか駐車場はいっぱいでした。ちょうど日曜日の刀剣鑑賞の時間だったので展示室も人が多かったです。建物はちょっとした古民家という感じであまり広くはありません。お庭や建物の中の雰囲気が良かったです。

主な刀剣
・刀 無銘 金重
 宮本武蔵が所持していた刀で、吉岡斬りと伝えられている刀だそうです。島田美術館は宮本武蔵についての展示がたくさんあり、入場券も宮本武蔵の肖像でした。詳しく知らなかったので簡単に調べたのですが、吉岡斬りというのは、宮本武蔵が京都で吉岡一門と戦ったときに倒した、吉岡清十郎・伝七郎・又七郎らのことのようです。南北朝時代のものにしては反りがまったくないなと思っていましたが大磨上とのこと。パンフレットに使われているメインの写真がこちらです。
・刀 銘 大和国国宗
 こちらも宮本武蔵が所持していたと言われる刀です。峰がかなり小さめなのが特徴的でした。

・短刀 銘 則光(茶臼剣
 両刃造りで鎧通しの一種とのこと。かなり小さくて両刃造りなのでサバイバルナイフのような印象です。
・脇指 無銘 左 長巻直し(晴思剣
 細川忠興が茶坊主を切って気持ちが晴れたから付いた名前だそうです。大峰の刀で、刃文は見づらかったのですが互の目かなと思いました。
・脇差 銘 大和守藤原宣貞(希首座
 こちらも細川忠興が僧侶を切ったことにちなんだ名前です。新刀らしい見た目の刀でこちらも刃文は互の目のようでした。

・刀 銘 雲生 
 直刃でとても長くて幅の広い迫力がある刀でした。
・刀 無銘 貞宗 
 大磨上無銘の刀ですが、連樋があるのが良いなと思いました。加藤清正から細川重堅へと渡った刀で、一緒に展示されている拵えは肥後拵えの中でも傑作だといわれるほどのようです。今回の展示の中でも、やはり貞宗のこの刀はかなり好みな刀でした。
・脇差 銘 備州長船経家 長禄二年八月日
・ 短刀 銘 善定兼吉
 かなり小さいです。京都国立博物館で見た国吉の短刀のぐらいなので20cmぐらいしかないのではないかなと思いました。
・太刀 銘 備前国長船藤原則光 主同国住人難波十郎兵衛尉行豊忠宗 八幡大菩薩諏訪大明神
・脇差 銘 大和守国行
・脇指 銘 長谷部国重
・刀 銘 濃州関住兼定作
・太刀 銘 則長
・刀 銘 波平純貞作             他多数


他に現代刀匠の作品も展示されていました。国天という方の刀が特に印象に残っています。
全体的に解説がないので詳しいことはわかりませんでしたが、こちらの刀は仏像が彫られていて、新しいもののほうが彫刻が細かいところまできれいに見られるので良いなと思いました。
DSCF3331

 
 
○熊本城
 初めて訪れました。石垣の高さと迫力に圧倒されて、そんなに坂を上るわけでもないのに、天守へ向かうまでに妙に疲れてしまいました。この日は20℃近くであたたかく、天気も良く、梅がきれいに咲いていてとても良かったです。人は多いですが外も天守の中も比較的広いのであまり人ごみは感じませんでした。
 天守内は予想以上に近代的ですが、展示量はほどほどに多くてよかったです。本丸御殿が再建されて、一般公開もされていました。現存する宇土櫓は、櫓といっても犬山城ほどの規模があり、昔のままということもありとても良かったです。

○旧細川刑部邸
 細川家三代忠利の弟である刑部小輔興孝の屋敷です。かなりの広さがあり、派手さはないですが良いものばかり置いてあるという印象です。特に一番奥の方にある主人の部屋に当たる場所は、道具類の雰囲気がとても良い部屋で格式の高さを感じられました。表の門から母屋までの道が砂利で枯山水のようになっていて美しかったです。



《感想》
 熊本城は行きたいと思っていた城だったので今回行くことができてよかったです。敷地も天守も石垣もとにかくいろいろなものが大きくて迫力がありました。丸1日もいなかったので、今度来る機会があったら阿蘇など熊本全体をもう少しじっくり見たいなと思いました。熊本空港は意外と市内から距離があって、空港へ向かうシャトルバスは満席の状態でした。今まで新幹線の移動が基本で、空港は福岡しか使っていなかったので、やはり空港は中心部から少し離れるので不便だなと感じました。


《今回の一振》
 今回は福岡市博物館の日光一文字です。刃文は写真だとだいぶ見づらいですが、3枚目の写真の刀掛けの右側に見える大きく変化しているところの刃文が好きです。照明の関係かわかりませんが全体的に黒っぽい印象です。
 一文字は見るものが太刀や刀ばかりで、短刀や脇差など短いものは見たことがない気がするのですが、何か理由があるのでしょうか。気づいてないだけで実は一文字の刀工というのもあったのかもしれません。

DSCF3328

DSCF3322

DSCF3323

DSCF3325

DSCF3319

 この時期恒例の福岡市博物館でのへし切長谷部展示に行ってきました。毎年のことではありますが、1月のひと月しか展示しないというのは、他の国宝と比較しても短いなと思いました。前回江雪左文字を見に福岡に行ったときに福岡観光はしたので、今回は福岡市博物館のみです。

《行った場所》
○福岡市博物館
 5月以来2回目の訪問です。前回訪れたときは、天気が悪かったのもあり、人がほとんどおらず博物館周辺も建物内も少し寂しい印象でしたが、今回一転とても活気がありました。今回は写真撮影も可ということで、展示を見る列の進みはゆっくりでしたが、人数はそこまででもないように感じました。ちょうど学芸員さんの話が始まったときだったので聞くことができましたが、日本号の実物大ポスターが本当に大きくて笑ってしまいました。広い展示室内でも相当な大きさだったので、部屋に飾るのは難しそうです。展示の写真を撮るのに皆さんしゃがんだり、止まったりするので列の後ろからでも比較的よく見えました。あらためて京都国立博物館での刀剣展示の列は後ろから全然見えないほどぎちぎちに詰めていたんだなと実感しました。

主な刀剣
・槍 無銘(名物 日本号
・刀 金象嵌銘 長谷部国重本阿 黒田筑前守(名物 圧切長谷部国宝


《感想》
 今回施設内が入口あたりから展示室内まで、全体的にお祭りムードがただよっていました。学芸員の方も見に来ていた方も一様に楽しんでいる雰囲気でした。昨年の展示のときは、展示されていて見に行った人もいるという情報を見たぐらいで、まだそこまで盛り上がった雰囲気ではなかったので、本当に待望の展示だったのだなと思いました。特に施設の関係者方がとてもフランクで明るかったのが印象的です。堅苦しくなかったためか、展示室が全体的にざわついていましたが、あまり気になりませんでした。来月は日光一文字を見にまた訪れるので楽しみです。


《今回の一振》
今回はへし切長谷部です。かなり反りが少なくて意外でした。刃文をもっと細かく撮りたかったのですが難しかったです。皆焼の刃文はかなり難しいそうですが、難しいならなぜこのような刃文にしようとしたのかなと少し思いました。特徴的でおもしろいですが、個人的にはきれいさとはちょっと違うなと感じました。
 
DSCF3310




今までの博物館でも皆焼は少ししか見ていないので、参考になる写真を探しましたが、今まで見た皆焼で一番すごかったのは越前康継のこれかなと思います。
DSCF2021

DSCF2022






 3月27日まで、刃文特集の展示を行っています。多少の混雑を避けるために、平日の夕方、閉館前に行ってきました。来場者はそこそこいましたが、ゆっくり見ていられるぐらいでした。閉館時間が早いので、15時ぐらいには着いておいたほうが良いと思います。
 今回は、通常の目録の他に、一部の刀剣の押型が載ったリーフレットも配られていました。展示されている刀と比べて見ると、刃文がとてもわかりやすく勉強になります。

《行った場所》
○刀剣博物館
主な刀剣
・太刀 銘 国行(号 明石国行) 国宝
 明石国行と言われる来派の太刀です。刀剣博物館の目録に号は載っていませんが、展示の解説に明石松平家伝来と書かれていました。
・刀 無銘 行光 特別重要刀剣
 相州らしい地鉄の黒っぽさと厚みだと思いました。
・薙刀直し脇指 銘 真利 重要美術品
 直刃に逆足があるとのことで、押型にも刃文が載っています。逆足は腰元のあたりがわかりやすかったです。
・刀 無銘 青江
 こちらも逆刃がありますが、全体的になっていてわかりやすいです。
・短刀 銘 近江大掾藤原忠広 重要刀剣
 短刀の短い刀身にこれでもかと細かく倶利伽羅龍が彫られていて、すごくきれいでした。

・脇指 銘 長曽祢興里虎徹入道 寛文元年霜月廿五日 
 金象嵌 山野加右衛門六十四歳永久 花押 腋毛貳ツ胴度々三ツ胴裁断
 銘に書いてあることがすごいのと、峰がすごく大きくてびっくりです。
・刀 金象嵌銘 助真
 派手な丁子刃ですが、幅広でよけいに派手で目立つ刃文でした。
・刀 銘 長幸於摂津国作之 以幡州完栗鋼鉄作之
 丁子は丸っこいイメージしかなかったのですが、こちらはすごくトゲトゲとした丁子です。

・刀 銘 津田越前守助広 寛文七年八月日
 初めて見るぐらいすごく大きなのたれでした。
・脇指 無銘 伝正宗 特別重要刀剣
 なんとなくの印象ですが、三井記念美術館で見た日向正宗に似てるなと思いました。
・脇指 銘 大和州住人九郎三郎重国居 駿河州後於紀伊州明光山作之 
 羽掃為都筑久太夫氏勝作之 元和八年戌八月吉日
 龍の彫物がすごいです。
・刀 津田越前守助広 延宝九年八月日
 すごく助広らしい濤瀾刃が見られました。
                              他多数


《感想》
 今回は刃文に着目した展示内容と展示方法だったので、刃文が見やすく展示されていたと思います。研ぎ方について順を追って説明している展示では、仕上げ研ぎをしない状態の刃文もありました。確かに仕上げ研ぎまでしないで展示している博物館や美術館もある気がします。少し見ずらいと思ってしまいますが、それも自然で良いのかなと思いました。研ぎの段階によって全然刃文の見え方が違うということがわかりました。


《今回の一振》
 今回は、国宝でもある明石国行です。薄い印象を受けるのが来派っぽいなと思いました。国行の刀は以前も見たことがありますが、博物館でよく見かける来派は国俊と国光なので少し珍しい気がします。三鈷剣の彫物がきれいで、かなり反りが強い印象をうけました。

 だいぶ前になりますが、京博の特集陳列―刀剣を楽しむ―に行ってきました。彦根城博物館でも、刀剣展示を行っていたので、合わせて行ってきました。今回観光のメインは彦根で、京都は京博のみになります。

《行った場所》
○彦根城
 初めて行きました。彦根駅で自転車を借りて周ったのでとても楽でした。周辺は平坦ですが、天守は小高い丘の上に建っています。意外と坂が急なので、距離は短いですが登ったら疲れてしまいました。木造の現存天守で、あまり大きくはありません。犬山城より少し大きいくらいでしょうか。鉄砲や弓で攻撃するために使われる狭間がずいぶん多いなと感じました。城内の解説や展示は少なめです。
 天守に行ったあとは、彦根のマスコットキャラクターひこにゃんのパフォーマンスを見ました。とてもゆるくて思わず笑ってしまいました。

○彦根城博物館
 井伊直弼の甲冑と刀剣展を開催していました。井伊家は600ほどあった刀剣を、関東大震災でほとんど失ってしまったそうです。今回博物館内には、特集展示と常設展示合わせて7振の刀が展示されていました。館内は写真撮影可能なのですが、照明の関係からか展示位置の関係からか、妙に撮りにくかったです。博物館の敷地内には庭園もあり、とてもきれいでした。

主な刀剣
・刀 銘 粟田口一竿子忠綱 正徳三年二月吉日
 銘も刃文もきれいに見られて、濤瀾刃がとてもわかりやすかったです。新刀なので反りが全然なく直刀のようでした。
・脇指 銘 長曾根興里入道虎徹
 こちらも銘がよく見えました。新刀は茎がきれいに残っているので、銘がとても読みやすいので助かります。
・脇指 銘 長曾根興里入道虎徹
・刀 無銘

・太刀 銘 正恒
 細長く、刃文はきれいな直刃でした。
・刀 無銘 伝保昌貞宗
 大磨上げ無銘とのことですが、そこそこ長さがあるので、磨上げ前はかなりの長さだったのでしょうか。
・脇指 額銘 尉恒次
銘がとても見やすくきれいに残っています。磨上げられているからか、アンバランスな印象をうけました。


○玄宮園・楽々園
 彦根藩の下屋敷で、玄宮園は回遊式庭園になっています。池がかなり大きく、きれいな橋がたくさんかかっていました。隣の楽々園は現在改修工事中で中には入れなかったのですが、外から見られる建物の内装がとてもきれいでした。

○埋木舎
 井伊直弼が藩主になるまでの間に過ごした家だそうです。屋内には入れず、庭もあまり広くない普通の住宅といった規模ですが、所せましと展示がしてあり、見応えはありました。大河ドラマでよく使われる場所だそうで、大河ドラマについての解説も多かったです。

○龍潭寺
 彦根駅から少し離れたところにあるお寺です。井伊家が佐和山城主だったときに深くかかわりがあったそうです。石田三成ゆかりの地でもあり、銅像が建っていたり、展示物もたくさんありました。夕方に行ったので、うす暗さや人気のなさもありとても入りにくい雰囲気だったのですが、中の枯山水のお庭がとてもきれいで良かったです。昔は寮としても使われていたらしく、どことなくそんな雰囲気を感じられました。
 三成に関する展示の中に、石田正宗と石田貞宗が写真付きで紹介されていました。写真は文化財指定でよく見られる白黒の写真でしたが、所蔵が個人名だったので、おそらく東京国立博物館に寄贈される前に書かれたもののようです。



○京都国立博物館
 今回の旅行のメインです。8時頃に京都駅からバスにのっていきました。意外とバスが混雑してなかったのですぐに京博に着きました。公開が始まって最初の日曜日だったので心配でしたが、すでに並んでいたのは30人ぐらいでした。寒さも心配でしたが、並ぶ場所は日がよく当たるので天気が良ければ問題ありません。9時ぐらいまではそこまで人が増えなかったように思います。
 チケットは年パスがあるので買う時間が省略でき、そこで順番が半分ぐらい前になりました。さらに前に並んでいた人の半分ぐらいが、音声ガイドを後回しにして展示室へ行ったので、音声ガイドは2番目にもらえました。そのため、刀剣の展示室は、ほぼ待ち時間なしで見ることができました。


主な刀剣

・薙刀直し刀 無銘(名物 骨喰藤四郎重要文化財、豊国神社蔵(京都)
 見るのは3度目になるので感想は割愛です。
・太刀 銘 安家 国宝
 すごく細身の印象です。全体的に銀色っぽく見えました。
・太刀 銘 貞綱 個人蔵
・太刀 銘 有綱 個人蔵
 木曽義仲が巴御前を手助けしたときに譲られたものという記録が残っているとのことです。昔の伝来が残っている刀は貴重ですね。幅広い刀だなと思いました。
・短刀 無銘(名物 上部當麻重要美術品、個人蔵
・剣 無銘
・太刀 菊御作 重要文化財
 鎺の部分に菊が彫られているとのことですが、よくわかりませんでした。
・太刀 銘 □前国則宗(名物 二ツ銘則宗重要文化財、愛宕神社蔵(愛知)
・太刀 銘 則国 国宝
 すごく細長かったです。

・短刀 銘 吉光(名物 秋田藤四郎重要文化財、個人蔵
 とても細くて小さい印象をうけました。吉光の短刀はたくさん見てきましたが、ここまで小さかったかなと思いました。剣が彫られているのは他の刀と似てるなと思いました。目釘穴が埋まっているのも含めて4つあるのが特徴あって良いと思います。
・短刀 銘 国吉 個人蔵
 こちらもとても小さくて細い印象をうけました。
・刀 金象嵌銘 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀 織田尾張守信長(名物 義元左文字重要文化、建勲神社蔵(京都)
 写真でみるのと実物を見るのでは、全然印象が変わるということがわかりました。
・太刀 銘 物部吉貞 個人蔵
 とても長いです。そのわりには茎が短めな印象です。
・刀 銘 吉行
 坂本龍馬が佩刀していたという刀です。とてもまっすぐでほとんど反りがないなと思いました。
・刀 銘 粟田口近江守忠綱 個人蔵
・刀 銘 長曾根虎徹入道興里
・刀 銘 長曾根興里入道乕徹 重要文化財、個人蔵
・太刀 銘 □忠(名物 膝丸・薄緑重要文化財、大覚寺蔵(京都)
 長く幅広い印象です。反りがかなりあるので古い刀なのだなと感じました。鉄鎺の影響で銘の上の文字がつぶれて読めなくなっているのが残念です。
・太刀 銘 国綱(名物 髭切・鬼切重要文化財、北野天満宮蔵(京都)
 10月に北野天満宮で見ましたが、膝丸と比べると細長い印象をうけました。



《感想》
 京都国立博物館は、外での待機列以外では待たずに見ることができてよかったです。人が多いのもありますが、待ち時間が長くなってしまうのは、展示の解説が多いのが一番影響しているかなと思いました。刀工、造り、伝来について細かく書いてあり、東京国立博物館の5倍10倍の文字量があります。私が展示室に入ったときは、先頭の人が半分ぐらいまでいったところでしたが、やはり進みは遅かったです。解説を読み終わらないうちに、前の人との距離が開いてしまい、詰めないといけない空気がありました。夕方がどの程度混んでるかわかりませんが、朝の半端な時間に行くより、後ろに人が少ない遅い時間のほうがいいかなと思いました。



《今回の一振》
 今回は刀をたくさん見ましたが、一番印象に残っているのは、義元左文字です。見た瞬間、すごく正宗っぽいと思いました。左文字は正宗十哲の一人なので影響がみえて当たり前なのかもしれないですが、こんなに正宗の作風を感じるとは思いませんでした。地鉄と樋がすごく好みです。磨上げられているからかなりアンバランスな印象をうけますが、写真で見るのとは違いとても迫力があります。こちらの記事でとりあげた、籠手切正宗と似た雰囲気を感じました。


 羽田空港にあるディスカバリーミュージアムで、徳川ミュージアムの所蔵品展が13日の日曜日まで開催中です。毎週水曜日にミュージアムトークが行われていたので、ミュージアムトーク最終日に行ってきました。

《行った場所》
羽田空港美術館
 初めて行きましたが、とてもおしゃれな空間でした。新幹線ばかり使って羽田空港を利用する用事がなかったので、今回は美術館のために行ってきました。無料で見られてとても良いのですが、飲食店をぬけた一番奥まった場所にあるため、普通の人はなかなか訪れないのではないのでしょうか。駅を降りてから、探しながら歩いたのでけっこう時間がかかりました。
 同じようにミュージアムトークに合わせて来る方が多かったので、人は多かったですがじっくり見ることができました。今回のミュージアムトークは、徳川ミュージアムの学芸員の方が解説をしてくださいました。最後だからということで、美術的な説明だけでなく、個人的な思いを多く語っていただけたのが良かったです。

主な刀剣
・刀 無銘 光忠(号 燭台切)徳川ミュージアム蔵(茨城)
・太刀 銘 包永(号 児手柏)徳川ミュージアム蔵
・槍 銘不明
家康から水戸徳川へ贈られたもの。南無八幡大菩薩の文字。


《感想》
 水戸のほうには2回行ったので、そこで見たものも多かったのですが、今回は写真撮影も可能ということで、思う存分堪能することができました。今週いっぱいで羽田での展示は終わりですが、来年からまた水戸で焼刀も展示されるとのことで楽しみです。今回、燭台切を見たときに、以前より白っぽく見えるなと思いましたが、解説で照明の関係だと教えていただきました。展示方法を変えると、これだけ見え方が変わるのだと実感したので、来年水戸で刀掛けにたてて展示されるのなら、どのように変わるか楽しみです。来年以降も動きがたくさんあるようで、本当に目が離せないなという思いです。


《今回の一振》
 前回は写真で残すことができなかった児手柏と燭台切です。
DSCF3202

DSCF3213

比べると児手柏はかなり反りがあるように見えます。武庫刀纂では七分=2cmちょっととのことです。
児手柏の銘は見やすく残っています。
DSCF3204


児手柏と比べると燭台切のほうがきれいに残っているなという印象です。
DSCF3214

前回写真が撮れないためがんばって写した武庫刀纂の刃文もこのような感じです。
児手柏は刃文の記録が残されていないということで、とても残念です。

DSCF3212

 毎年春に公開される土方歳三が使用した和泉守兼定の刀ですが、今日一日だけ限定公開となりました。日野市の撮影で使うのに出したついでのようで、とてもありがたいです。
 前回はとても並んで大変だったようですが、今回はそこまでひどい行列ではなかったと思います。今日は行くところがあったので見たのは資料館だけですが、日野市周辺は土方歳三関連で見るところがあるのでぜひ今度行ってみたいと思いました。

《行った場所》
土方歳三資料館
 10時開館予定でしたが、早めの9時40分に入ることができました。最初に50人ぐらい入れるだけ館内に入り、館長さんから簡単な説明をしていただきました。初めて来館しましたが、本当に個人宅の敷地内で驚きました。館長さんはとても慣れた様子で、鑑賞開始までスムーズに進みます。説明が終わったあとは、好きなように見ていくのですが、刀だけでなく物販もとても人気でみなさんたくさん買っていかれてました。職員の方が入口と物販の2名だけなのにスムーズに進んでいくので、本当に慣れておられるようです。
  館内は広くありませんが、たくさん展示物があり解説も充実しています。今回は混雑しているのもあり隅々まで見られなかったので、また来たときにしっかり見たいと思います。刀の展示は譲りあいながらだったので、思ったよりもじっくり見ることができました。低い位置に展示してあるのですが、後ろの人のためにしゃがんで鑑賞するので、刃文もしっかり見えました。

主な刀剣
・刀 銘 和泉守兼定 慶應三年二月日 日野市指定有形文化財
・十文字槍 銘 助宗
・槍 無銘


《感想》
 館内にあった展示でとても目をひいたのが、新義隆さんが作られた和泉守兼定の漆刀です。今年からの展示だったそうですが、本当にすごいと思いました。本物の刀の厚みはないですが、とにかく刃文がきれいに表現されています。壁にかかっていましたが、本物の刀かと思いました。専門誌の刀剣界22号で記事になったようでその切り抜きも展示されていました。父が刀剣鑑定家だということでなるほどと思いましたが、漆職人の兄の名前が”光忠”さんだそうで、「ああ、お父さんは光忠の刀が好きだったのか」と思いました。少し前に模造刀を買いましたが、刃文が物足りないと思っていたので、漆刀にとても興味をもちました。HPに作品の写真が載っていますが、どれも本当にきれいです。以前に展覧会を開いていたようなので、ぜひ他の作品も実物を見たいなと感じました。


《今回の一振》
 今回はもちろん和泉守兼定の刀です。ぱっと見た感じ、反りが全然ないなという印象です。また、新刀らしく茎がとてもきれいで、実際に使われた刀なのに、多くの人の手に渡った刀とは全然違うと思いました。刃文は派手さはないですが、よく見ると細かく模様がついています。拵えの赤は落ち着いた色合いでとてもきれいでした。以前コンビニで買った刀のおもちゃで和泉守兼定が出ましたが、まさに同じでおもちゃのほうにすこし愛着がわきました。館長さんの解説で、土方歳三は柄の上のほうを詰めて持っていたので、そのあたりの糸巻がすり減っていると聞きましたが、言われてみれば確かにという感じでした。

 埼玉県にある二振りの国宝の刀剣は、毎年この時期に展示されているそうです。前回特別展を見に行ったときは、レプリカのみの展示だったので、今回は本物を見に行ってきました。

《行った場所》
埼玉県立歴史と民族の博物館
 国宝の刀剣は常設展で展示されています。前回行ったときに、常設展は細かく見ましたが、ところどころ展示替えされていました。国宝展示に合わせてか、企画展示室では、埼玉県の名刀展として他にも刀が展示されていました。資料室の本棚には古い図録がたくさん置いてあります。前回来たときも読み漁ったのですが、今回もいろいろと読んできました。40年ほど前の図録でも、現在とまったく変わらない姿の写真がのっていることが、当たり前なのですが改めてすごいなと感じました。初めて写真に撮られて記録に残ったのは、いつ頃なのでしょうか。白黒の写真のみの図録や書籍も多いですが、やはり刀剣もカラーで見たいなと思いました。

主な刀剣
・短刀 銘 備州長船景光 元享三年三月日(号 謙信景光国宝
・太刀 銘 (表)廣峯山御劔願主武蔵国秩父郡住大河原左衛門尉丹治時基於播磨国完粟郡三方西造進之
      (裏)備前国長船住左兵衛尉景光作者進士三郎景政 嘉暦ニニ年己巳七月日  国宝
いわゆる景光・景政の太刀ですが、銘はすごく長いのですね。きれいな直刃でした。
・太刀 銘 宝寿(写)
前回も展示されていましたが、とにかく大きくて迫力があります。刀身の彫刻が朱色になので、さらに迫力が増します。
・太刀 無銘 伝助真 重要文化財、龍門寺蔵(埼玉)
岩槻藩主大岡忠光の愛刀だそうです。大磨上無銘ですが、確かに一文字らしい刃文でした。
・太刀 銘 備前国住安家作 正和□年二月十八日(号 寒念仏)個人蔵
 寒念仏=寒い時期に山などで念仏を唱える修行 に佩刀していたためこんな名前が付いているそうです。95cmあり、とても長く反りも強いです。光の当たり方のためか、刀身が真っ黒に見えました。
・刀 銘 (巴紋)於東部 藤枝太郎英義作之 
         慶應二寅年八月日
川越藩の刀工の作品です。会心の出来のものに巴紋が彫られたのではないかとのことです。


《感想》
 文化財の国宝指定の基準はよくわかりませんが、今回の刀剣でいえば、人の信仰が現れているところに、価値があるのかなと思いました。展示では、武蔵武士が郷土に寄せる思いがわかる物という紹介でした。伝来についても、一応判明はしていますが特に派手でもありません。造りにその刀工の特徴がよく現れていて、年代まで刻まれているというのが価値のあるものなのかなとも思います。
 文化財登録は、されているものは良いものなのだとわかるし、国宝指定されていたら、あまり興味のないものでも見ておきたいという気になります。そればかりに注目してみるのはもったいない気がしますが、登録されているおかげで展示を見る機会に恵まれているというのはあると思います。最近は見ることができるだけで幸せなのだととても感じるので、このように毎年定期的に展示してくれるというのはうれしいです。


《今回の一振》
 今回は短刀の謙信景光です。号のとおり上杉謙信が所持していたものです。拵えは以前の展示で見ていましたが、そちらもきれいでした。今回は展示されていないようです。刀身は表に秩父大菩薩が、裏には阿弥陀如来の梵字が彫られているそうです。刃文はとてもくっきりとしていて、見やすかったです。全体的に迫力よりもきれいさが際立って感じられました。鎺にも梵字が彫られていました。刀剣には梵字が多く使われているので、有名なものだけでも覚えたいなと思いました。











 今日から1月23日まで、特別展「三井家伝世の至宝」が開催中です。初日ですがほどよい人出で見やすかったと思います。

《行った場所》
三井記念美術館
 今回の特別展では、他の施設が現在所蔵しているものも展示していましたが、刀剣に関しては現在三井記念美術館が所持しているもののみでした。今回展示していた刀剣の多くは、紀州徳川家から購入したものだそうです。以前、なぜ紀州徳川家には現在美術館などが設立されていないのか調べたことがありましたが、財政難で多くを売りに出したからだそうですね。各地の歴史博物館を見ると、どこの藩主もお金に苦労していましたし、現在も博物館の存続に当主は苦労されていることがわかります。しかし、御三家でもそこまで財政難になるというのには驚きました。
 美術館はビルの中にあり、ワンフロアに収まっていますが意外と広さがあります。展示品はそこまで多くないのでのんびり見て1時間ぐらいでした。茶道具が展示されている第一展示室は内装がとてもおしゃれで、部屋の中を見るのも楽しいです。刀剣以外の展示では、絵巻や屏風、切手コレクションなどが好みでした。また、蒔絵が施された水晶台がとても豪華できれいなのですが、三井炭鉱でとれた鉱石が埋め込まれているそうで、事業の手広さを実感しました。

主な刀剣
・短刀 無銘 正宗(名物 日向正宗国宝
・短刀 無銘 貞宗(名物 徳善院貞宗国宝
・太刀 銘 則宗 重要文化財
 とても細身です。幅のある徳善院貞宗の後に見たから余計にそう感じます。
・太刀 銘 助真 重要文化財
・刀 銘 国広(号 加藤国広重要文化財
 刃文が不規則かつ豪快でとても印象的です。鎺に下がり藤が彫られていました。加藤という姓を考えたら不思議ではありませんが、号の由来となった加藤清正自体は、調べたところ使用していたのは下がり藤以外の家紋だったようです。
・薙刀 銘 一 重要文化財


《感想》
 普段見に行く各地の歴史に根付いた博物館とは違い、個人のコレクションで手に入れた品々なので新鮮でした。佐野美術館や根津美術館なども同じ私立の博物館ですが、刀だけで言っても、これだけ文化財登録された個人のコレクションが見られるのはすごいことだと思います。刀剣は文化財登録されていても、比較的個人が持っている割合は高いそうですね。由緒ある刀も売りに出されたりというのは珍しくないですが、当時からの価値などを考えると、すごい財力を持っていたのだなと実感します。刀の持ち主の移り変わりを調べると、時代の流れと栄枯盛衰がうっすらとわかるのがおもしろいなと思います。しっかりと保管と管理できる人の手に渡ったからこそ、今もきれいな状態で見ることができると思うと、由緒ばかりにとらわれて現在の所蔵についてあれこれ考えるのは勿体ないとな感じました。


《今回の一振》
 今回は日向正宗と徳善院貞宗の二振です。正宗と貞宗の刀が並んで展示されるというのはあまりないと思うので、じっくり比べて見てみました。刃文がどちらもくっきりときれいに見られたので比べやすかったです。確かに刃文は貞宗のほうがゆるやかなでしたが、ほぼ梵字の彫物で貞宗と判断するぐらいしかできそうにもありませんでした。貞宗の短刀は彫物がたくさんあるので、にぎやかな印象をうけます。徳善院貞宗はとにかく大きくて驚きました。隣の日向正宗と比べると幅も長さも倍はあるんじゃないかと思うぐらいの大きさです。大きさも刃文も、隣同士で並んでいたおかげで見比べることができたのでよかったです。


 にっかり青江を見に香川県へ行くついでに、岡山県を回ることにしました。たまたま文化の日の本興寺での数珠丸が展示されるのとかぶっていたのでそちらも寄ることができました。

《行った場所》
○丸亀城・丸亀市資料館
 丸亀駅から商店街を通って丸亀城へ行きました。日曜日だからなのかわかりませんが、商店街はほとんど閉まっていました。比較的きれいな街でお店もあるのに、驚くほど人が少なかったです。閉まったシャッターにきれいな絵を書いてる人は見かけました。まだ一部だけしか描かれていないようだったので、これから増えていくのでしょうか。
 丸亀城は天守に登ってから資料館へ行きました。天守への坂道は急ですが、距離が短いのでまだ楽だと思います。土産物屋にはにっかり青江のグッズが並んでいました。てっきり売り切れた後再販していないと思っていたので、驚きました。天守の中も木造の城らしく急こう配の階段で狭いですが趣があります。にっかりの展示してある資料館は、歴史資料の展示は少なめでしたが、無料で入れるのが良心的でした。展示室は比較的人が多いですが、タイミング良く見ればじっくり見られます。展示の仕方が良いのか、とてもきれいに見えました。
主な刀剣
・脇指 金象嵌銘 羽柴五郎左衛門尉長(名物 ニッカリ青江重要美術品



○備前刀剣博物館
 ずっと気になっていましたが、やっと行くことができました。刀剣の販売がメインで販売しているものは手にとれる場所に置いてあります。10万ぐらいからあり、意外とお手頃価格だなと思いました。買うならこれという気にいったものは、45万ほどの拵つきの刀でした。高価なものなど販売していないものを展示しているようです。展示はメインではないので、見ずらい位置に置いてあったり、解説がないものもありますが、展示数は多かったです。2階では新選組関連の刀を展示していました。店内には大和守安定の刀がいろいろなところに展示されていて多かった気がします。
主な刀剣
・太刀 銘 正恒 重要刀剣
・太刀 銘 国安
・刀 無銘 則重
・刀 無銘 高綱
・脇差 無銘 福岡一文字 重要刀剣
・小太刀 銘 光忠
解説のほとんどが燭台切光忠についてで、隣の写真は生駒光忠だったのでバラバラすぎてちょっと笑ってしまいました。
・短刀 朱銘 行光 本阿弥長織花押
・脇差 銘 津田越前守助広 延宝七年二月日 重要刀剣
・脇差 大和守安定 (金象嵌)万治三年八月五日 弐つ胴切落
          (金象嵌)山野加右衛門尉永久    重要刀剣
・短刀 無銘 左 重要刀剣
・刀 無銘 次吉
              他多数



○後楽園・岡山城
 どちらも行くのは2回目ですが、他の三名園やお城をしっかり見た後では、受けるイメージが変わりました。
 後楽園はそこそこの広さにちょうど良い人出でした。平日だったのもあるのでしょうが、お庭の雰囲気を味わうにはちょうど良かったです。敷地内に田んぼや茶畑があって、妙に生活感があるなと感じました。兼六園はあまり広くないからかいつも人が多いですし、偕楽園はほぼ市民公園と梅林なので他の庭園とは雰囲気が違うと思います。
 岡山城は内部にエレベーターがあり、完全に博物館化していますが、お城の外観がとても好きです。記憶よりも大きくて立派でした。城内の展示量はあまり多くありません。今回行ったときには、企画展で戦国武将の甲冑を展示していました。月見櫓が公開中でしたが、上にあがる階段がとにかく急です。階段というより梯子でした。上は縁側のように張り出していて、昔のままの造りが見られてとてもよかったです。

○備中松山城
 特に予定はしていなかったのですが、月曜日で博物館がまったく開いていないこともあり、観光案内でみかけて行くことにしました。岡山駅から在来線で1時間で行けます。備中松山城は現存する天守があり、現存天守の中で、もっとも標高が高い場所にあります。天空の城として紹介されていて、運が良いと雲海も見られるそうです。今回は時期はちょうど良かったのですが、朝雨が降っていたため、雨が止んで晴れた午後に行きました。岡山駅からの電車の眺めもとても良いです。八合目までは車で行けますが、その先は山登りです。お城までは20分ぐらいですが、かなり足場が悪いので、天気が良いときに行って正解でした。とにかく登っている最中も眺めがよくて気持ちよかったです。天守の中は展示物は少ないですが、当時天守が重要な象徴としての存在だったこと、捨て置かれていたため荒れ果てていたこと、山の上にあるため修復作業がとても大変なことなどがよくわかりました。平成の修復作業については、詳細な映像で学ぶこともできたのでとてもわかりやすかったです。

○倉敷
 刀もゆかりの地としてもあまり関係ありませんが、岡山の観光地といったらはずせない倉敷の美観地区も行ってきました。瓦屋根などをみるのが大好きなので建物を見ているだけで楽しいです。今回は初めて川の船にも乗りました。ゆるい船頭のおじさんの話はおもしろかったです。備前焼も少し興味をもったのでお店に入ってみましたが、思ったより手頃な値段だったのでつい買ってしまいました。

○本興寺
 岡山から新幹線で新神戸まで行き、そこから尼崎まで行き本興寺に行ってきました。事前に調べたところあまり人が多くないとのことでしたが、私が行った夕方は比較的多いときだったのではないかなと思います。宝物殿は小さいですが中はきれいな建物でした。数珠丸が展示されている2階はとてもにぎわっていました。展示は刀が低い位置に置かれていたため、刃文が少し見づらかったのが残念です。手入れもしているというお坊さんの話を聞くことができたのですが、美術品ではなく宗祖の日蓮大聖人の持ち物としての展示なので茎は見せない展示方法だったそうです。最近いろいろな施設から貸出の問い合わせがあるそうですが、神聖なものとして取り扱っているためか、あまり展示に前向きではないようです。正直、展示の仕方で受ける印象が大きく変わるので、もっと良い施設で展示しているのも見たいなと思いました。刀以外の展示では、多くの著名な武将が奉納した禁制が置いてあり興味深かったです。
 お寺の敷地内ではお坊さんをたくさん見かけました。特別な日だからか、みなさんとても親切に声をかけてくださり、展示の説明や道案内をしていただきました。重要文化財の建物である方丈はとてもきれいな襖があり良かったです。お堂からお経をよんでいるのが聞こえてきましたが、聞きなれないお経で不思議なリズムでした。
主な刀剣
・太刀 銘 恒次(号 数珠丸重要文化財
・短刀 無銘(号 長一丸
こちらも日蓮大聖人が所持していたそうです。無銘ですが郷義弘の作ではないかとのこと。切っ先が冠落しだったのと少し長め(29.4cm)だったのでパッと見で脇指かと思いました。


《感想》
 岡山は刀剣関係で行きたい場所が多いのですが、今回月曜日をはさんでいたので、県立博物館や長船刀剣美術館には行けませんでした。林原美術館も刀剣の展示はしていないようだったので、ぜひ機会を見てまた近いうちに岡山の刀剣旅行をしたいです。
 今回の旅行でお城を3つ回ったのですが、調べていてあらためて四国は良いお城が多いなと感じました。今回初めての四国上陸だったので、ぜひ他の3県も行きたいと思います。


《今回の一振》
 今回はにっかり青江です。幅も広くて厚みもあって脇差とは思えない迫力がありました。茎の形や鎺、樋の入り方も好みで、刀剣乱舞に登場したキャラも実物をたくさん見てきましたが、かなり好きな刀だと感じました。銘はものによって銀象嵌銘に見えるものもありますが、きれいな金でした。
 数珠丸は備前作ではないかともいわれていますが、にっかりも倉敷刀剣美術館で見た青江派の刀も直刃の似た雰囲気を感じたのでやっぱり青江派かなと思いました。


DSCF3134

DSCF3133
DSCF3132


↑このページのトップヘ